LoginSignup
0

ServiceNow の Reference型のカタログ変数で、任意のカラムの値で検索できるようにする

Last updated at Posted at 2023-04-21

概要

下記画像のように、Reference型のカタログ変数で、参照先テーブルのDisplay値以外のカラムの値を使って検索を行う方法について記述します。
rc1.png

手順

今回はCompany [core_company] を参照するReference型変数を例にとり、カスタムで作成したカラム「会社コード」の値を使って検索が出来るようにします。

①カタログ変数の「Variable attributes」フィールドで、下記のように値を設定します。
rc2.png

各属性の目的:

  • ref_auto_completer=AJAXTableCompleter :
    属性「ref_ac_columns」で指定したカラムをプルダウンに表示するのに必要。
  • ref_ac_columns=u_company_code :
    プルダウンに表示したいカラムを物理名で指定する。「;」(セミコロン)で区切って複数指定も可能。 例:ref_ac_columns=u_company_code;phone;city
  • ref_ac_columns_search=true :
    属性「ref_ac_columns」で指定したカラムの値を使って検索をするのに必要。
     

②これにより、会社コードでの検索が可能になります。
rc3.png
rc4.png

Display値での検索も今まで通り可能です。
rc5.png

参考リンク

サービスカタログ変数の属性

弊社ブログへも同様の記事を投稿しております。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0