Help us understand the problem. What is going on with this article?

gitの管理下にあるディレクトリ一覧を取得する

More than 3 years have passed since last update.

gitの管理下にあるファイル一覧はgit ls-filesで取れますが、ディレクトリ一覧を取るコマンドやオプションが見当たらなかったため、無理やり取得する方法を考えてみました。
pecoでgitの管理下にあるディレクトリから絞り込めたら便利かなーと思ったのがきっかけです。

やり方

$ git ls-files | sed -e '/^[^\/]*$/d' -e 's/\/[^\/]*$//g' | sort | uniq

sedでは、ファイルパスが

  • カレントディレクトリ直下のファイルだったら、その行を削除('/^[^\/]*$/d')
  • サブディレクトリ以下のファイルだったら、そのサブディレクトリのファイルパスに書き換え('s/\/[^\/]*$//g')

を行っています。
最後にソートして重複消してって感じです。

最初はdirnameコマンドに渡してやってたんですが、毎回プロセスが生成されるためか遅かったのでsed使うことにしました。

Gitのサブコマンド

gitのサブコマンドにしたい場合は、下のようにすればいいと思います。

[alias]
    ls-dir  = !"f(){ git ls-files | sed -e '/^[^\\/]*$/d' -e 's/\\/[^\\/]*$//g' | sort | uniq; }; f"
abcang
JavaScriptとかRubyとかがすきです
https://abcang.net
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした