Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@aakawazu

ArchLinuxのインストール方法

biosモードで起動している場合の方法です。

usbメディアを作る

https://www.archlinux.jp/download/
から落としてきたisoファイルを適当なツールでUSBに焼きます。

パーティションを作る

fdiskを使ってパーティションを1つ作り、フォーマットし、マウントします。(/dev/sdXはインストールしたディスクに合わせて変えてください)

# fdisk /dev/sdX
# mkfs.ext4 /dev/sdX1
# mount /dev/sdX1 /mnt

システムクロックの更新

# timedatectl set-ntp true

スワップ領域はあとからスワップファイルで設定できるので今は作りません。

ベースシステムをインストール

/etc/pacman.d/mirrorlist を編集して日本サーバーの行を一番上に移動してから(reflectorが自動でやってくれます)
pacstrapを使ってマウントしたパーティションにベースシステムをインストールします。

# pacstrap /mnt base base-devel linux linux-headers linux-firmware

fstabを生成します。

# genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab

chroot

chrootします。

# arch-chroot /mnt

ホストネームを設定します。

# hostnamectl set-hostname ホストネーム

wheelグループのユーザーがsudoコマンドを実行できるようにします。

# visudo

を実行し

%wheel ALL=(ALL) ALL

のコメントアウトを外す。

rootユーザーのパスワードを設定する

# passwd

一般ユーザーを追加し、wheelグループに追加する。

# useradd -m ユーザー名
# usermod -aG wheel ユーザー名
# passwd ユーザー名

必要なパッケージを入れる。
ドライバーやエディター、ttyは自分の環境や好みに応じて変えてください

# pacman -S sudo grub nvidia networkmanager plasma vim alacritty

sddmとnetworkmanagerを有効化

# systemctl enable sddm
# systemctl enable NetworkManager

grubをインストール

# grub-install --target=i386-pc /dev/sdX
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

chrootを抜ける

# exit

電源を切ってUSBメモリを抜いてから起動する。

1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
aakawazu

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?