Automatic Colorization of Grayscale Images を試すメモ

More than 3 years have passed since last update.

白黒画像、モノクロ画像を色付きにする https://github.com/satoshiiizuka/siggraph2016_colorization という品物です。素敵そうなので試してみるテスト。

MacOSX(10.11.4)にて。


Install

Luarocks が必要。以前は brew install luarocks で行けるみたいだけど、現在は brew install lua になるみたい。

see: https://github.com/keplerproject/luarocks/wiki/Installation-instructions-for-Mac-OS-X


依存系


  1. NanoMessage brew install nanomsg


  2. http://torch.ch が必要なので、Get Installを参考にしてインストール

  3. 後は https://github.com/satoshiiizuka/siggraph2016_colorization に書かれているように luarocks でインストール


ちょっと使ってみた感想的なの

画像サイズを 512 x 512 とかすこし小さめにしないと、最近のスマホで取った画像などは 3024 × 4032 ピクセル なので、使用メモリーが20G超えてマシンがもうダメとネを上げました。


使用前

こんな画像。手元に白黒のいいのがなかった。多分、カンチェラーラ。今年分のトレックのカタログ表紙です。

2016-04-29 00.45.55.png


使用後

test.png

よくよく思えば、白黒のバイクだし、トレックのカラーリングも白黒じゃねーか、というわけでイマイチぱっとしない残念なコトになっちゃいましたごめんなさい。

まぁそんな感じ。


パフォーマンス的なの

こんな感じです。

$ /usr/bin/time th colorize.lua ~/Desktop/2016-04-29\ 00.45.55.png ~/Desktop/test.png                                                                  

5.17 real 6.59 user 1.88 sys


マシンスペック

機種名: MacBook Air

機種 ID: MacBookAir6,1

プロセッサ名: Intel Core i5

プロセッサ速度: 1.3 GHz

プロセッサの個数: 1

コアの総数: 2

二次キャッシュ(コア単位): 256 KB

三次キャッシュ: 3 MB

メモリ: 8 GB