Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

マルチ解像度対応 Drawableリソースの設置場所

More than 5 years have passed since last update.

Androidにはdrawable-xxxxxというディレクトリに解像度ごとの画像を用意することでマルチ解像度対応する機能があります。
各Drawableフォルダに設置する解像度の目安を記録します。
※ユーザーエージェントを解析し、自動で画面解像度に応じたイメージをロードします。
※API4.2からmipmapで同様の対応ができます。

Drawable別 対応解像度&端末情報

※モバイルは解像度によりフォルダが判別できますが、タブレットは解像度ではなく機種によるようですので注意してください。

モバイル

■drawable-ldpi
解像度:240×320
代表的な端末:不明

■drawable-mdpi
解像度:320×480
代表的な端末:不明

■drawable-hdpi
解像度:480×800, 540×960
代表的な端末:不明

■drawable-xhdpi
解像度:720×1280
代表的な端末:Samsung S3, Micromax Canvas HD

■drawable-xxhdpi
解像度:1080×1920
代表的な端末:Samsung S4, HTC one, Nexus5

■drawable-xxxhdpi
解像度:1440×2560
代表的な端末:Nexus6, Samsung S6edge


タブレット

■Galaxy Mega
インチ:6.3
解像度:1280×720
フォルダ:hdpi

■Kindle Fire HD
インチ:7
解像度:1280×800
フォルダ:hdpi

■Galaxy Mega
インチ:5.8
解像度:960×540
フォルダ:tvdpi

■Sony Xperia Z Ultra
インチ:6.4
解像度:1920×1080
フォルダ:xhdpi

■Kindle Fire(1st & 2nd gen)
インチ:7
解像度:1024×600
フォルダ:mdpi

■Nexus7 (1st gen/2012)
インチ:7
解像度:1280×800
フォルダ:tvdpi

■Nexus7 (2st gen/2013)
インチ:7
解像度:1824×1200
フォルダ:xhdpi

■Kindle Fire HDX
インチ:7
解像度:1920×1200
フォルダ:xhdpi

■Kindle Fire HD
インチ:8.9
解像度:1920×1200
フォルダ:hdpi

■Kindle Fire HDX
インチ:8.9
解像度:2560×1600
フォルダ:xhdpi

■Galaxy Tab 2
インチ:10
解像度:1280×800
フォルダ:mdpi

■Galaxy Tab 3
インチ:10
解像度:1280×800
フォルダ:mdpi

■ASUS Transformer
インチ:10
解像度:1280×800
フォルダ:mdpi

■ASUS Transformer2
インチ:10
解像度:1920×1200
フォルダ:hdpi

■Nexus10
インチ:10
解像度:2560×1600
フォルダ:xhdpi

■Galaxy Note 10.1
インチ:10
解像度:2560×1600
フォルダ:xhdpi

参考資料

こちらが大変参考になりました。
http://stackoverflow.com/questions/16706076/drawable-folder-for-different-resolution-and-application-icon-size

aivick
創意工夫でお客様の課題を解決し続ける古都京都のシステム開発会社です。ベンチャー精神を忘れず、ヘルスケア業界に革新をもたらす新サービスの実現も目指しています。
https://www.aivick.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away