Help us understand the problem. What is going on with this article?

iPhoneの電源が急に入らなくなったりフリーズした場合にとりあえずやってみること

私のiPhoneXが動画を見ている時に急にアプリが落ちて電源も急に落ちました。そして電源を押しても起動しなくなりました。
(落下もさせていませんし、バッテリーも十分あり、水没もさせておりません)

iPhoneの画面がフリーズしたり、電源が入らなくなった場合にやってみることをメモします。

強制再起動する

iPhone 8 以降:
1. 音量を上げるボタンを押してすぐに放す
2. 音量を下げるボタンを押してすぐに放す
3. Apple ロゴが表示されるまでサイド(電源)ボタンを押し続ける。10〜20秒

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPod touch (第 7 世代):
1. サイドボタン (または上部のボタン) と音量を下げるボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続ける

ホームボタン搭載の iPad、iPhone 6s 以前、iPod touch (第 6 世代) 以前:
1. サイドボタン (または上部のボタン) とホームボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで長押しする

これを強制再起動というそうです。

バッテリーの確認、電源に接続して様子を見る

上記でもダメな場合、デバイスを電源に接続して様子を見る

1時間以上たっても充電画面が表示されない場合や、「電源に接続してください」という画面が表示される場合は、
ほこりがたまっていたりケーブルの接触不良がないかを確認する

リカバリモードを試す

デバイスの電源は入るが、起動の途中で動かなくなる場合は
リカバリモードを試してみる
リカバリモードとは電源は入るがOSに異常がある場合の修復機能です。

  1. iTunesを起動しているPCを用意する
  2. PCとiPhoneをUSBケーブルで接続する
  3. iPhoneをリカバリモードにする ※
  4. iTunes側で確認画面が表示されたら「アップデート」もしくは「復元」を選択する

※リカバリモードは端末毎に上記強制再起動と同様のため類似手順でiPhoneが初期化されないようにご注意ください。

と、まあここまでやっても私の場合はダメでした。
AppleStoreのスタッフさんに確認しましたが、ここまでやったらあとは自分でできることは特にないそうです。
これ以上は店舗への修理依頼や郵送での修理依頼がいるそうです。
店舗は混雑していることが多いので事前に予約することをおすすめします。

ここまでやってダメなら終わりじゃない?諦めるしかない?とも思いますが、
ストアの店員さん曰く、店舗のPCと繋げてハードの電流の流れを確認したりとまだやれることはあるそうです。
なので治る可能性に賭けて期待です。。。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service#otherrepairs
AppleCare加入していないので修理代金6万はムリ。
その場合は新しいiPhone出るまでGoogle Pixel3aでも買おうかな。

参照

https://support.apple.com/ja-jp/HT201412

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした