Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazonが「置き配」を標準の配送方法として指定。実証実験エリアを拡大!

Amazonの標準の配送が「置き配」となるエリアが増えます。
2019年に岐阜県多治見市で実施された実証実験に続き、
下記地域が2020年1月27日より実証実験を順次開始するエリアに選ばれました。

  • 東京都3区(江東区、文京区、練馬区)
  • 大阪府3区(都島区、西淀川区、生野区)
  • 名古屋市
  • 札幌市

多治見市の検証では再配達が50%も削減されたという結果も出ているようなので
東京都内や大阪など主要都市で一人暮らしが多いと予想される地域では更に効果があるのではないかとも思っています。
どちらにしてもECサイトが今後更に発展するとしたらヤマトや佐川急便などの流通網と配達の問題は一番切り離せないのでWINWINになる有意義な検証ではないでしょうか。

なので個人的には嬉しいです。
宅配ボックスがあるマンションなどの方は気にならないかもしれませんが、
宅配ボックスのある家って意外に少ないですよね。
荷物を受け取るためだけに休日の時間を調節して家にいないといけないというのも減ります。

また、治安や雨天時など不安な方ももちろんいらっしゃるかと思います。
そういう場合は基本は置き配で明らかに高価なモノの時は置き配指定を変えればいいだけかと思います。
そういう使い分けでもいいかと思います。

個人的には東京都内のエリアももっと広げてほしいですね。

https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Ops/unattended-delivery-20200122/Unattended-Delivery-20200122/

a-nishimura
フリーランスプログラマ。主にweb系のソフトウェアエンジニアです。日々の学びや気づきなどブログ書いてます。フットサル、筋トレ、日向坂46、YouTubeが好きです。
https://www.wow-creators.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away