search
LoginSignup
60

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

お名前ドットコムのドメインをAWSで使う

※ 個人開発でのメモです

必要なもの

  • お名前ドットコムのドメイン
  • AWS
    • EC2インスタンス
    • ElasticIP
    • route53

簡単な流れ

  1. EC2インスタンスにElasticIPを割りあてる
  2. route53にDNSの設定と、ElasticIPの登録
  3. お名前ドットコムにroute53の情報を登録

EC2インスタンスにElasticIPをわりあてる

Elastic IPで「新しく割り当て」をクリックし、作成
アクション > アドレスの関連付け からインスタンスを選択し、EC2インスタンスを割りあてる

route53の設定

route53にログイン
https://console.aws.amazon.com/route53/

スクリーンショット 2017-12-09 22.46.26.png

Created Hosted Zoneを押すと下の画面になる

スクリーンショット 2017-12-09 22.46.39.png

Domain Nameのところにお名前ドットコムで取得したドメイン名を入力し、createする

サブドメインを使いたかったらここでかく

たとえばドメインがhogehoge.comで、www.hogehoge.comを割り当てたかったら「www.hogehoge.com」ってかく
そのままドメイン使いたかったら「hogehoge.com」てかく

image.png

作ったらこんなかんじになる
ns-から始まる4行をお名前ドットコムに登録するので、このページは開いたままにしておくとよいかも

で、さらにcreate Record Setを押すと下の画面になる

image.png

ここで、Nameをからにしたまま、Aliasはnoで、valueのところにEC2インスタンスを割り当てたElasticIPをかく

そしてcreate

これでroute53の設定は終了

お名前ドットコムの設定

スクリーンショット 2017-12-09 23.05.25.png

ドメイン設定 > DNS関連機能の設定に進む

スクリーンショット 2017-12-09 23.07.19.png

内部ドメイン一覧でチェックをいれ、「次へ進む」

image.png

DNSレコード設定を利用するの「設定する」を押すと下の画面になる

スクリーンショット 2017-12-09 23.09.29.png

typeを「NS」にする
ここで、サブドメインをつけてる場合、ホスト名のところにサブドメイン名をかく
「www.hogehoge.com」だったら「www」をかく
TTLとVALUEは、さっきのroute53の設定に出てきたns-から始まる4行の情報を一行ずついれていく

これであとはボタンをぽちぽち押していけば完了

反映に5分くらいかかってた

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
60