LoginSignup
0
0

Amazon SESを使用したPostfixメール送信の設定手順

Posted at

Amazon SESを利用してEC2(RHEL7)上のPostfixからメールを送信するための設定手順です。このガイドでは、SESの設定は扱いません。

1. 必要なパッケージのインストール

PostfixでSASL認証を使用するために、必要なパッケージをインストールします。

sudo yum install cyrus-sasl-plain

2. Postfixの設定

以下のコマンドを実行して、Postfixの設定を更新します。SMTPエンドポイントはAmazon SESコンソールで確認できます。

sudo postconf -e "relayhost = [SMTPエンドポイント]:587" \
"smtp_sasl_auth_enable = yes" \
"smtp_sasl_security_options = noanonymous" \
"smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd" \
"smtp_use_tls = yes" \
"smtp_tls_security_level = encrypt" \
"smtp_tls_note_starttls_offer = yes"

3. master.cfの編集

/etc/postfix/master.cf ファイルを開き、存在する場合は以下の行をコメントアウトします。

-o smtp_fallback_relay=

4. SASLパスワードファイルの設定

/etc/postfix/sasl_passwd ファイルにSMTP認証情報を追記します(ファイルがない場合は作成)。

[SMTPエンドポイント]:587 SMTPUSERNAME:SMTPPASSWORD

5. hashmapデータベースファイルの作成

以下のコマンドを実行して、hashmapデータベースファイルを作成します。

sudo postmap hash:/etc/postfix/sasl_passwd

6. ファイルの権限設定

適切な権限を設定して、セキュリティを確保します。

sudo chown root:root /etc/postfix/sasl_passwd /etc/postfix/sasl_passwd.db
sudo chmod 0600 /etc/postfix/sasl_passwd /etc/postfix/sasl_passwd.db

7. CA証明書の設定

PostfixがCA証明書を認識できるようにします。

sudo postconf -e 'smtp_tls_CAfile = /etc/ssl/certs/ca-bundle.crt'

8. Postfixサーバの起動・再起動

最後に、Postfixサーバを起動または再起動します。

sudo postfix start
sudo postfix reload

以上で、Postfixを使ったAmazon SES経由でのメール送信の設定は完了です。

0
0
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0
0