Help us understand the problem. What is going on with this article?

ReactNativeでiPhoneXに対応する方法まとめ

More than 1 year has passed since last update.

iPhoneX対応方法について調査しましたのでまとめておきます。

SafeAreaView

react-native v0.50.0 - SafeAreaView
v0.50.0のリリースに含まれました。
親に当たるComponentをWrapして使います。

react-navigation v1.0.0-beta.16
react-navigationも既に対応しています。

そうは言ってもバージョン上げるの辛い、、という方には以下。

react-native-device-info

react-native-device-info

こちらでデバイス名を取得することができます。
ただし、注意点がありましてシミュレーターはデバイス名が Simulator となってしまう為、開発の際は実機を用意しなければなりません。

論理解像度を取得する

apple developer - Displays
論理解像度とはデバイスのスクリーンに依存しない、基準値となる解像度のことだそうです。デバイスによって異なるスケール倍率がありそれと論理解像度を掛け合わせ、物理解像度を決定しています。(appleはUIKit Sizeとしている)

iPhoneXの論理解像度は 375 x 812 なのでこれを取得して対応します。

※現状、iPhoneXの論理解像度はユニークですが新たなデバイスと被る可能性もありますので一時的な対応になるかと思います。

まとめ

まだ発売され1ヶ月程度ですが、対応されていないアプリも幾つかあるようです。
iPhoneXの為にUI/UXを新たに構築するのはしんどいですが、従来のデバイスに合わせるのは比較的簡単なのでやっておきたいですね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした