More than 1 year has passed since last update.

初心者用メモ!

予約語

予約語以外にもlist,abs,strなど組み込み関数に使われているので避ける!
詳細は以下を見るべし。
http://qiita.com/cm3/items/6a856c44dd92632aa54f

定数

  • True - 真
  • False - 偽
  • None - 値がない時に使われる。

bool演算

bool
a and b         # a も b も真であれば真
a or b          # a または b が真であれば真
not a           # a が偽であれば真

Noneの処理判別

none
if hoge is None:
  #Noneのときの処理

if hoge is not None:
  #Noneじゃないとき

配列(list)

array
values = [1, 2, 3, 4]
print values[0] #1
print "length=" + str( len(values) ) #length=4

そのほか関連の関数
http://www.pythonweb.jp/tutorial/list/

オブジェクト(dict)

dict
d = {'Yamada': 30, 'Suzuki': 40, 'Tanaka': 80}
dict
for k, v in d.items():
    print k, v             # Tanaka 80, Yamada 30, Suzuki 40

for k in d.keys():
    print k, d[k]          # Suzuki 40, Yamada 30, Tanaka 80

for v in d.values():
    print v                # 80, 30, 40

for k, v in d.iteritems():
    print k, v             # Tanaka 80, Yamada 30, Suzuki 40

for文

for
#0〜9までループ
for i in range(0, 10):
    print "hoge " + str(i)
for
#配列の中身を走査
values = [ "hoge", "fuge", 123 ]
for value in values:
    print value

if文

if
if hoge < 1: 
    print "fuga1"
elif hoge < 2:
    print "fuga2"
else:
    print "fuga3"

cast

cast
print "hoge" + str( 100 ) #hoge100
print 10+int("5") #15

数字を丸める

floor
import math
math.floor(x)    
math.ceil(x)

関数

function
def hoge(a,b):
    print "hoge";
    return "hoge" + a + b

#呼び出し
hoge("AAA","BBB")#hogeAAABBB

__name__

よく見かける特別な変数__name__。メインプログラムのときは__name__=="__main__"となる。importするとファイル名が入る。それらを区別するために以下のような表記をよくつかうようだ。

`__name__`
if __name__ = "__main__":
    print "メインプログラムだよ"
#else:
#   print "importされてるよ"

jsonを使う

使い方
http://www.python-izm.com/contents/application/json.shtml
読み込んだり保存したり
http://d.hatena.ne.jp/fenrifja/20130306/1362571700

クラス書く

http://www.tohoho-web.com/python/class.html#class

importについて

http://python.matrix.jp/pages/tips/import.html

参考

http://www.tohoho-web.com/python/index.html