Help us understand the problem. What is going on with this article?

atomの設定をバックアップできるパッケージ「sync-settings」が便利

More than 5 years have passed since last update.

OSのクリーンインストールやPC買い替え等でatomを再構築する時に便利なpackage[sync-settings]の紹介です。

packageだけの同期なら以下の方法があります。

Atom の apm stars で興味のあるパッケージを管理する - Qiita

私もこの方法で再構築してみたのですが、スニペットが使えなくなってるのが地味に不便だったので導入してみました。

sync-settings

sync-settings(atom.io/packages)

sync-settingsには主に4つの機能があります。

backup

以下をバックアップできます。
必要なものだけをバックアップすることもできます。

  • installed packages
  • user keymaps
  • user styles
  • user init script
  • snippets
  • user defined text files

restore

バックアップした設定を復旧できます。
必要なものだけを復旧することもできます。

view-backup

バックアップ済の設定を確認できます。

check-backup

新規のバックアップが無いか確認できます。

注意

githubのアカウントが必要です。
gistに設定データを置くことで同期が可能になります。

使い方

インストール

atomの[preference - Install] から[sync-setting]で検索、もしくはコマンドラインから

apm install sync-settings

準備

1 - atomで[preference - Packages] と進み、sync-settingsのsettingsを開きます。
※ インストールした直後だとpackageが読み込まれていない場合があるので、settingsのボタンが無い時は[cmd+opt+ctrl+L]でリロードしてみてください。

2 - githubのアクセストークンを取得します。ここをクリックすると以下の画面になります

pic2015-12-23 21.36.04.png

githubのパスワードを入力してボタンを押します。
権限確認の画面になります。
[gist]だけにチェックを入れておけば大丈夫です。

[Token description]には[Atom Sync Settings]とでも入力しておけばOKです。

pic2015-12-23 21.37.12.png

ボタンをクリックするとトークンが生成されるので、1の[Personal Access Token]の欄にコピペしてください。

pic2015-12-23 21.39.05.png

3 - 新しいgistを作成します。ここをクリック

適当なファイル名を付けて、適当に中身を書いて[Create secret gist]のボタンを押せばOKです。
作成されたgistのページに飛ぶのでURLをチェックしてください。

https://gist.github.com/[アカウント名]/[gistID]

となっていますので、gistIDを1の[Gist Id]の欄にコピペしてください。

以上で設定は終わりです。

バックアップ

  • atomを開いて[shift+cmd+P]でコマンドパレットを開きます。 [sync]等と入力すればサジェストされるので[Sync Settings:Backup]を選択してください。 これでgistにバックアップが作成されます。

[Sync Settings:View Backup]で確認できます。

pic2015-12-23 21.44.32.png

リストア

バックアップと同様に[Sync Settings:Restore]を選択してください。
これでバックアップした設定が復旧できます。

__mick
nodejs,coffee-script等で遊んでいます。 https://github.com/mick-whats
https://twitter.com/mick_x_
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away