cocos2d-x
cocos2d-JS
CocosCreator

【メモ・超初心者向け】CocosCreatorでWebSocketに接続する

More than 1 year has passed since last update.

CocosCreatorでWebSocketに接続出来るか検証しました。

使用したのはHTML5で標準でついたWebSocketです。

tnakagawa様のいまさらHTML5 (WebSocket編)を参考にしています。

cc.Class({

extends: cc.Component,

properties: {
// foo: {
// default: null,
// url: cc.Texture2D, // optional, default is typeof default
// serializable: true, // optional, default is true
// visible: true, // optional, default is true
// displayName: 'Foo', // optional
// readonly: false, // optional, default is false
// },
// ...
},

// use this for initialization
onLoad: function () {
var uri = "ws://から始まるURIを記述";
var webSocket = null;
webSocket = new WebSocket(uri);
webSocket.onopen = onOpen;
webSocket.onmessage = onMessage;
webSocket.onerror = onError;
webSocket.onclose = onClose;

// 接続イベント
function onOpen(event) {
console.log("接続しました。");
var mes = "送信テスト";
webSocket.send(mes);
}

// メッセージ受信イベント
function onMessage(event) {
console.log("受信しました");
// ソケットを閉じる
webSocket.close();
}

// エラーイベント
function onError(event) {
console.log("エラーが発生しました。");
}

// 切断イベント
function onClose(event) {
console.log("切断しました。3秒後に再接続します。(" + event.code + ")");
webSocket = null;
}

},
});

接続した結果です。

コンソールログに表示しています。

結果.png

CROSの問題もありそうですが、ひとまず接続、送受信に成功しました。

注:Cocos Creator ver1.1.0で検証。今後やり方が変わる可能性が極めて高いです。