vagrant

[PC1→PC2] vagrantで独自boxを作って配布する

More than 1 year has passed since last update.

[PC1]独自boxを作成する

VM で /etc/udev を無効化する

まずこれを行わないとMACアドレスが固定化されてしまい、別のPCでvagrant upできなくなる。

% vagrant ssh

VM 内で下記を実行し、/etc/udev を無効化します。

$ sudo ln -s -f /dev/null /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

Box を作成、登録する

設定を終えた box を package します。

% vagrant package

カレントディレクトリに package.box が作成されたので、これを登録します。

% vagrant box add BOX_NAME package.box

下記で登録を確認できます。

% vagrant box list

実体はこちら。

% ls ~/.vagrant.d/boxes

ここでpackage.boxをPC2に渡す。重いのでAirDropがオススメ。

[PC2]boxから仮想マシンを作成する

vagrantにboxを追加する

boxに追加

vagrant box add BOX_NAME ./package.box

boxが追加されたことを確認。

vagrant box list

仮想マシンを作成する。

vagrant init BOX_NAME

仮想マシンを立ち上げ、sshで中に入る。

vagrant up 
vagrant ssh

完了

注意点としては、[PC1]でvagrantの共有フォルダ(/vagrant)に入っていたファイルはbox作成時にパッケージングされませんでしたので、先にgithubなどにアップロードして、上記がひと通り終わったとに、[PC2]でインストールするのがよいでしょう。