Help us understand the problem. What is going on with this article?

Linux | xargs の -I オプションで 後続コマンドに引数を渡す(的なことをする)

More than 3 years have passed since last update.

xargs に -I オプションをつけると「後続のコマンドに対して値を渡す」的なことが出来る。

( 大文字のアイ )

たとえば、ディレクトリに次のファイルが存在する場合。

  • File_A
  • File_B
  • File_C

ls | xargs-I FILE を渡すと。
後続の echo の中で、 FILE と書いた部分が、実際のファイル名に変換されているのが分かるだろう。

$ ls | xargs -I FILE echo "FILE exists."

./ exist.
../ exist.
File_A exists.
File_B exists.
File_C exists.

ちなみに

echo する内容を引用符 "" で囲わなくても、動作は同じだった。

$ ls | xargs -I FILE echo FILE exists.

./ exist.
../ exist.
File_A exists.
File_B exists.
File_C exists.

これは「後続のコマンドに対して、引数が展開される」のではなくて。
「xargs の後に続く 文字列自体 が、いちど テキスト変換 されてから、後続のコマンドが実行される」という動作のような気がした。

補足

ここに明確に replace-str って書いてあった。
https://www.gnu.org/software/findutils/manual/html_node/find_html/xargs-options.html

-i[replace-str]
Replace occurrences of replace-str in the initial arguments with names read from standard input. Also, unquoted blanks do not terminate arguments; instead, the input is split at newlines only. If replace-str is omitted (omitting it is allowed only for ‘-i’), it defaults to ‘{}’ (like for ‘find -exec’). Implies ‘-x’ and ‘-l 1’. The ‘-i’ option is deprecated in favour of the ‘-I’ option.

参考

YumaInaura
Ruby on Rails 業務経験 約5年 / Perl PHP Python Golang Linux Apache MySQL BigQuery Jenkins ansible AWS など / いなうらゆうま / YumaInaura / 稲浦悠馬
http://twitter.com/yumainaura
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away