Posted at

最速の開発環境が欲しい。ストレージ編

開発をする上でPCの速度が速い方がストレスが少ないことは明白

ストレージが速ければOSの起動も大きなデータの入出力も快適になり

大変コスパの良い効率化になる

HDDからSSDにすれば速くなるが

そのあたりをもう少し詳しくみてみる

結果だけ知りたい人は、金があるなら大容量の NVMe M.2のSSDを買えばいいよ!

お金をもう少し節約したければ、下まで読んでね


物理的なメディアの比較

ハードディスクより速いことは知っていると思うが実測するとすごい違いがある


よくある3TBのHDD

HDD.png

よくあるHDDだ。SSDと比較すると非常に遅い。。。

SATA接続なので、バスの転送量的には6Gbpsほどある


2.5インチのSSD

PCIESSD.png

2.5インチのSSD。当然 SATAである

バスの転送量は6Gbps


NVMe M.2のSSD

NVMe.png

SATAに比べても圧倒的に速い!(が、安物なので高級品よりはかなり遅い)

NVMeが差せるならNVMeを使うべき!

バスの転送量は40Gbps


USB3.0 SSD

USBSSD.png

ちょっと古いSSDなので遅いのもあるが、SATAのSSDより多少遅いがそこまで差がない

バスの転送量は 5Gbps


SSHD的なテクノロジ

SSDは上記でみたとおり、HDDに比べ2,3桁のオーダーで速い

ただ、HDDにくらべ容量も少なく値段が高い

ので、SSDの速度とHDDの安さを併せ持ったハイブリッドなディスクがある

要はHDDにデータをもち、SSDをキャッシュとして使うようなテクノロジだ


SSHD

物理的にHDDにSSDがついている

OS問わず使える

SATAしかないので NVMeには速度は劣る


FusionDrive

MacOS限定のソフトウェアによるハイブリッド

HDDよりは圧倒的に高速にはなるが

SSDと比較するとかなり遅い


StoreMi

WindowsかつAMD限定のハイブリッド

NVMeの手前の速度まで出る

また、メインメモリをキャッシュに使うと恐ろしい速度がたたき出される


ISRT

WindowsかつIntel限定のハイブリッド

ただし数年前からマザーボードから機能が削られている


OptaneMemory

上記ISRTに代わる技術

WindowsかつIntel限定で、OptaneMemoryを装着する必要がある

OptaneMemoryは特殊なSSDで、SSDにくらべキャッシュ性に優れているらしい

SorteMiと同じぐらい、NVMeの手前ぐらいの速度まで出る


容量による速度

SSDはチップごとに分散して書き込むことが出来るので、チップが多い方が書き込みが速くなる

= 基本的に容量の多いSSDの方が書き込みが速い

また、容量が多い方が書き込み寿命も長くなるため

お金に余裕があれば、容量が大きい方が良い


まとめ

大容量のNVMe SSDが最も速い

デスクトップならOptaneMemoryやStoreMiでハイブリッドにしても十分

外付けUSB3.0でも十分な速度が出るので、ノートPCの容量足りない時にはそれでいい

M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 という化け物外付けSSDもあるので高速な外付け欲しければどうぞ・・