Edited at

右腕を骨折した時に便利なTips

More than 1 year has passed since last update.


右腕骨折しました!

バイクで路肩の砂利で滑りました・・

でも、仕事休めませんよね?

むしろ、病院いったりで普段以上の工数が必要ですよね?

でも、キーボード打ち辛いですよね?

そんな ピンチなあなたに便利なTips


前提

右手を怪我したが、キーボードを打つ事は可能

ただし、腕を動かす事は出来ない=ホームポジションを移動できない

主にMacbook利用を前提


不便な事

基本的に ブラインドタッチが出来ているなら、ホームポジションに乗せさえすれば

キー入力に不便が少ないが 何点か困る事があったので それを解決します


  • マウス

  • 矢印キー


 マウス

左手で操作しましょう。これで解決です!

Macbookの場合は トラックパッドを左手で使えば大丈夫です

慣れればなんて事ないさ!


矢印キー

コレはけっこう問題です

どうしても矢印キーは ホームポジションから動かす必要があるので

大変です

スクロールは トラックパッドを左手で操作すれば問題無しですが

コピーペーストや、カーソル移動が出来ません

もちろん 全部をマウス操作で行えば問題ないですが

1文字の微調整や、ちょっとした操作ミスで文字が消えたりと

面倒でやってられませんので 対策です


vim(Emacs)を使う

今回はvimで話をすすめます

vimはMacに標準で入っていますし、SublimeEditor等でもvimモードが入ってます

また 大抵のエディタにはvimプラグインがあると思います

vimモードだと hjkl でカーソル移動出来ます

もう矢印使わなくても カーソル移動できますね!

viの基礎コマンド 挿入モード i、追加モード a、セーブ :w 終了 :q

等も覚えて下さい

行のコピー(ヤンク command-c)は yy。 3行コピーするなら3yy

行のデリート(command-x) は dd

ペースト(command-v)は p

上記のコピーでは行単位なので 文字単位のコピー方法は

vで選択モードになるので そこで hjklを使い 選択範囲を決めます

y でコピー、dでデリートし

挿入したい場所にカーソルを持っていき p でペースト

これだけ覚えると、矢印キーがなくても大丈夫ですね!!

おまけ、他の便利なコマンド

^ 行の先頭に戻る(インデント理解してくれる)

$ 行の末尾移動

その他 マークなど便利なコマンドあるので 随時覚えましょう

統合環境を使う場合ですが

JetBrains系(IntelliJ、Clion、AndroidStudio、WebStorm等)では

IdeaVim プラグインを入れます

インストール法は凄く簡単で

Preference -> Plugins -> Install JetBrains Plugin

から IdeaVimを選ぶと アプリが再起動し有効になっています

vim6をベースに作られているようで 一部の機能が使えないらしいですが

十分使えます

EclipseではVrapper、VisualStudioではvsVim 

XcodeでもVimプラグインあるので 困りませんね!

これで 矢印キーを使う機会が減り、右手を負傷しても問題なさそうですね!

しかし Webブラウザ等 まだ矢印キーが必要です

実際 Qiitaの記事を書いている今は 矢印キーのたびに 左手で

右手のホームポジションを移動させ 矢印とホームを切り替えてますw

Chromeには vimium というvimプラグインがあるようですが 調査していません・・


ゲームパッド最高!!

ここで 最適解です

ゲームパッドを繋げましょう

OS毎に ゲームパッドのボタンをキー入力に変換するアプリがあるので

それを使い

ゲームパッドの上下左右を矢印に割当て、足で操作すれば

足だけで 矢印が操作できます!!

慣れてくれば Aボタンにshiftを割り当てたり、その他のボタンにビルドを割り当てたり

色々と快適になります


まとめ

右手を負傷した程度ではプログラマは死なない

vimモードは 負傷者に優しい

ゲームパッド最強

プログラマは手だけではなく 足も使うべき!