Edited at

PHPからGroongaを利用する - GLoadクラス

More than 3 years have passed since last update.


GLoadクラス

PHP bindings for Groonga.

GLoad {

/* メソッド */
public void __construct(GTable object)
public void __destruct(void)
public GLoad values(mixed values)
public GLoad table(string value)
public GLoad columns(string value)
public GLoad ifexists(string value)
public GLoad inputType(string value)
public GLoad each(string value)
public GLoad exec(void)
}


コンストラクタ GLoad::__construct

クラスの生成

$load = new GLoad(gtable);

引数

名前

概要

object
GTable
GTableオブジェクト

戻り値

なし

$gdb = new Groonga('./db/test.db');

$talbe = $gdb->table('Users');
$load = $talbe->load('[ { "_key": "alice", "name": "Alice" } ]');
print_r($load);

結果

GLoad Object

(
)


変数の設定 GLoad::***(string value)

$load->values('[ { "_key": "alice", "name": "Alice" } ]')

->columns('_key')
->ifexists('true')
->inputType('JSON')
->each('?')

引数

名前

概要

value
string
設定値

戻り値

失敗した場合false

成功時GLoadオブジェクト

$gdb = new Groonga('./db/test.db');

/* load --table Users [ { "_key": "alice", "name": "Alice" } ] */
$table = $gdb->table('Users');
$load = $table->load();
$load->values('[ { "_key": "alice", "name": "Alice" } ]')
->exec();


実行 GLoad::exec

load処理の実行

$load->exec();

戻り値

失敗した場合false

成功時GLoadオブジェクト

$gdb = new Groonga('./db/test.db');

/* load --table Users [ { "_key": "alice", "name": "Alice" } ] */
$table = $gdb->table('Users');
$load = $table->load();
$load->values('[ { "_key": "alice", "name": "Alice" } ]')
->exec();


PHPからGroongaを利用する-Groongaクラス

PHPからGroongaを利用する-GCommandクラス

PHPからGroongaを利用する-GTableクラス

PHPからGroongaを利用する-GColumnクラス

PHPからGroongaを利用する-GLoadクラス

PHPからGroongaを利用する-GDeleteクラス

PHPからGroongaを利用する-GSelectクラス

PHPからGroongaを利用する-PHPバインディング