Edited at

PHPからGroongaを利用する - GTableクラス

More than 3 years have passed since last update.


GTableクラス

PHP bindings for Groonga.

GTable {

/* メソッド */
public void __construct(Groonga object, string name)
public void __destruct(void)
public void __set(string key, string value)
public string __get(string key)
public GTable name(string value)
public GTable flags(string value)
public GTable keyType(string value)
public GTable valueType(string value)
public GTable defaultTokenizer(string value)
public GTable normalizer(string value)
public GTable tokenFilters(string value)
public GLoad load(mixed values)
public GDelete delete(void)
public GColumn column(string name)
public GSelect select(void)
public GTable create(void)
public GTable remove(void)
public GTable rename(string new_name)
public mixed dump(void)
public GTable truncate(void)
}


コンストラクタ GTable::__construct

クラスの生成

$table = new GTable(groonga, 'status');

引数

名前

概要

object
Groonga
Groongaオブジェクト

name
string
テーブル名

戻り値

なし

  $gdb = new Groonga('./db/test.db');

$talbe = $gdb->table('Users');
print_r($talbe);

結果

GTable Object

(
)


セッター GTable::__set

変数へデータを設置する

$table->__set('table', 'Users');

引数

名前

概要

key
string
変数名

value
string

戻り値

なし

  $gdb = new Groonga('./db/test.db');

$table = $gdb->talbe('Users');
$table->name = 'Users';


ゲッター GTable::__get

変数を取得する

$table->__get('name');

引数

名前

概要

key
string
変数名

戻り値

string 変数の値

  $gdb = new Groonga('./db/test.db');

$table = $gdb->table('Users');
$table->name = 'Users';
echo $table->name;

結果

Users


変数の設定 GTable::***(string value)

$table->name('Users')

->flags('TABLE_HASH_KEY')
->keyType('TABLE_HASH_KEY')
->valueType('TABLE_NO_KEY')
->defaultTokenizer('TokenBigram')
->normalizer('NormalizerAuto')
->tokenFilters('TokenFilterStopWord')

引数

名前

概要

value
string
設定値

戻り値

失敗した場合false

成功時GTableオブジェクト

  $gdb = new Groonga('./db/test.db');

/* table_create --name Users --flags TABLE_HASH_KEY --key_type ShortText */
$table = $gdb->table('Users');
$table->flags('TABLE_HASH_KEY')
->keyType('ShortText')
->create();


データロード GTable::load

テーブルにデータを追加・変更する

$load = $table->load();

戻り値

GLoadオブジェクトの取得


削除 GTable::delete

テーブルを削除する

$delete = $table->delete();

戻り値

GDeleteオブジェクトの取得


カラム操作 GTable::column

カラムオブジェクトを取得する

$column = $table->column('follower');

引数

名前

概要

name
string
カラム名

戻り値

GColumnオブジェクトの取得


セレクト操作 GTable::select

セレクトオブジェクトを取得する

$select = $table->select();

戻り値

GSelectオブジェクトの取得


テーブル作成 GTable::create

テーブルを作成する

$table->create();

戻り値

失敗した場合false

成功時GTableオブジェクト


テーブル削除 GTable::remove

テーブルを削除する

$table->remove();

戻り値

失敗した場合false

成功時GTableオブジェクト


テーブル名変更 GTable::rename

テーブル名を変更する

$table->rename('Account');

引数

名前

概要

new_name
string
新テーブル名

戻り値

失敗した場合false

成功時GTableオブジェクト


ダンプ GTable::dump

データをダンプする

$result = $table->dump();

戻り値

dump内容

結果

table_create Sample TABLE_HASH_KEY ShortText

column_create Sample name COLUMN_SCALAR ShortText
load --table Sample
[
["_key","name"],
["alice","Alice"],
["bob","Bob"]
]


テーブル内容全削除 GTable::truncate

テーブル内のデータを全て削除する

$table->truncate();

戻り値

失敗した場合false

成功時GTableオブジェクト


PHPからGroongaを利用する-Groongaクラス

PHPからGroongaを利用する-GCommandクラス

PHPからGroongaを利用する-GTableクラス

PHPからGroongaを利用する-GColumnクラス

PHPからGroongaを利用する-GLoadクラス

PHPからGroongaを利用する-GDeleteクラス

PHPからGroongaを利用する-GSelectクラス

PHPからGroongaを利用する-PHPバインディング