Help us understand the problem. What is going on with this article?

ubuntu16.04LTSでSwiftの環境構築!

はじめに

私はiOSアプリ開発によく使われるSwiftを勉強しようとSwiftのツール「Xcode」をやってみようとしましたが、
私のパソコンはWindowsなのでXcodeは使えないと知りました。
「MacのパソコンじゃないとXcodeは動かない(´;ω;`)」
と嘆く私でしたが、WindowsでもSwiftを扱いたい!と思ったため、今回私がwindowsでSwiftの環境構築を
行った手順を紹介しようと思います。

windowsといっても ubuntu16.04LTS を使っていますが(笑)

手順

Ubuntu16.04LTSを開いて以下のコマンドを入力していきます。

パッケージのアップデート

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

clang libicu-devのインストール

swiftを使用するうえで必要なパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install clang libicu-dev

Swiftを入れるディレクトリを作成

$ mkdir /mnt/c/Swift

Swiftのダウンロード

$ cd /mnt/c/Swift
$ wget https://swift.org/builds/swift-5.1.3-release/ubuntu1604/swift-5.1.3-RELEASE/swift-5.1.3-RELEASE-ubuntu16.04.tar.gz

Swiftの最新バージョンは以下で確認できます。(バージョン5.1.3は2020/01/07現在最新)
https://swift.org/download/

ダウンロードしたファイルを解凍

$ tar xzf swift-5.1.3-RELEASE-ubuntu16.04.tar.gz

パスを通す

$ vi ~/.bashrc

最終行に以下を追加
PATH="/mnt/c/Swift/swift-3.0.2-RELEASE-ubuntu14.04/usr/bin:$PATH"

$ source ~/.bashrc

Swift確認

以下のコマンドでSwiftのバージョンが確認できれば構築完了です。
おつかれさまでした!

$ swift -version

Swiftのコンパイル&実行

任意の場所にhelloWorld.swiftを置く。(中身は print("hello world!") )

$ swiftc helloWorld.swift   ←コンパイル
$ ./helloWorld              ←実行

プロジェクト作成

プロジェクトディレクトリを作成

$ mkdir swiftProject
$ cd swiftProject

プロジェクト作成

$ swift package init --type executable

プロジェクトのビルド

$ swift build

プロジェクトの実行

$ ./.build//x86_64-unknown-linux/debug/(プロジェクト名)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした