Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows10にHyper-VでUbuntu仮想マシンを構築

はじめに

最近、会社のパソコンでHyper-vを使用して仮想マシンを構築したので、自分のパソコンでも構築したいと思い、
自分用メモレベル程度で投稿します。

Hyper-Vの有効化

「Win + I」→ 「アプリ」 → 「アプリと設定画面」 → 「プログラムと機能(右の方にあります)」 →

→ 「Windowsの機能の有効化または無効化」 → Hyper-Vの項目にチェックをつけます
image.png

Ubuntuのisoイメージをダウンロード

http://releases.ubuntu.com/
上記のサイトから最新のUbuntuのバージョンのDesktop Imageをダウンロードしてください。

仮想マシンの作成

1.Windows管理ツールからHyper-Vを起動してください。

image.png

2.起動後、左上のHyper-Vマネージャー→PC名を右クリックし、新規→仮想マシンを選択、仮想マシンの新規作成ウィザードを起動してください。

image.png

※Hyper-Vに自分のPC名が表示されていない場合は...

https://qiita.com/Mocel/items/3fc3a212cb8d2a802879
上記のURLの手順説明が分かりやすいため、手順に従い、PC名を表示させてください。

3.ウィザードが表示されたら、表示内容に従って必要な設定を行っていきます

・開始する前に

→「次へ」でOK

・名前と場所の指定

→名前は区別がつくような名前(仮想マシンのOS名など)を好きにいれてください
場所はデフォルトで指定されているため、必要がなければそのままでよいです。

・世代の指定

→第2世代を選択。Ubuntu16.04の64bit版は第2世代に対応していますが、それ以外のOS、バージョンを入れる場合は確認が必要です。

・メモリの割り当て

→必要なメモリを割り当てます。Ubuntu16.04の推奨メモリは2GBらしいので私は2GBで設定します。
「この仮想マシンに動的メモリを使用します。」にチェックを入れると、仮想マシンのメモリ要求に応じてメモリを割り当ててくれますが、容量不足にならないよう注意が必要です。

・ネットワークの構成

→後で変更しますが、とりあえず「Default Switch」を選択してください。

・仮想ハードディスクの接続

→「仮想ハードディスクを作成する」を選択します。サイズは可変なので任意の値を指定してください。

・インストールオプション

→ブートイメージファイルからOSをインストールするを選択し、イメージファイルとしてダウンロードしたisoファイルを指定します。

・要約

設定した内容が表示されますので、問題なければ完了をクリックしてください。
image.png

4.仮想マシンの追加設定

仮想マシン作成が終了した後、起動する前に追加でいくつか設定が必要なので、設定します。

・セキュアブートの無効化

Hyper-Vマネージャー上で、作成した仮想マシン名をクリックし、右クリック→設定を選択すると、Ubuntu 16.04の設定画面が表示されます。
左側のリストから「セキュリティ」を選択し、「セキュアブートを有効にする」のチェックを外して無効化します。
image.png

・動的メモリの無効化

仮想マシン設定画面の左側のリストから「メモリ」を選択します。
「動的メモリを有効にする」のチェックを外してください。
image.png

・インターネット接続設定

仮想マシン(Ubuntu)上でも物理マシン(Windows10)で接続している無線LANに接続できるようにするための設定を行います。

Hyper-Vマネージャーの右側にある「仮想スイッチマネージャー」をクリック

aaaaaa (2).png

「新しい仮想ネットワークスイッチ」で「外部」を選択し「仮想スイッチの作成」をクリック

image.png

作成した仮想スイッチの名前を入力し、使用するネットワークアダプタを選択して「OK」をクリック

このとき、「管理オペレーティングシステムにこのネットワークアダプターの共有を許可する」に必ずチェックを付けておきます
image.png

仮想スイッチの作成後、仮想マシンの設定画面をから作成した仮想スイッチを選択

「ネットワークアダプター」をクリックし、作成した仮想スイッチを選択して「OK」をクリック
image.png

自動チェックポイントの無効化

仮想マシンの設定画面を開き、「チェックポイント」をクリック
「自動チェックポイントを使用する」のチェックを外して「OK」をクリック
image.png

5.仮想マシンの起動、Ubuntuのインストール

上記の設定を終えた仮想マシンを右クリックして「接続」をクリックすると仮想マシンの画面にアクセスできます
Hyper-Vマネージャーか仮想マシンの画面のどちらかで「起動」をクリックすれば起動します
image.png
仮想マシンを起動するとUbuntuのインストーラの起動確認が表示されるので、
インストーラを選択し、適宜質問に回答してインストールを進めます(質問の回答はデフォルトでもOKです。Enter連打)
インストールが完了したら、設定したIDとパスワードでログインできることを確認します。

6.ssh接続設定

外部から、Teratermなどでssh接続ができるように設定します。
仮想マシンの画面上で右クリックし、「端末」を開きます。

ポート開放

$sudo ufw allow 22
$sudo ufw reload

openssh-serverのインストール(※ファイアーウォールが起動してないと表示される場合に実行してください)

$sudo apt-get install openssh-server

ssh接続に使用するIPアドレスの確認

画面右上の矢印のマークをクリックし、「接続情報」からIPアドレスを確認することができます。
image.png
無事にssh接続できれば設定完了です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした