Help us understand the problem. What is going on with this article?

IBM i (旧AS400)の自己学習メモ06 CLプログラム(Control Language) Part1

自己学習メモインデックス

IBM i (旧AS400)の自己学習メモ インデックス

概要

CL(Control Language)プログラムの作成を行っていきます。

CLプログラムのソースを新規作成

CLプログラムのソースを新規作成し、プログラミングの勉強をするときに必ず出てくるような「おまじない」をコーディングし、保存して終了するまでの流れをまとめます。

# strpdmコマンド実行
strpdm ⏎

# 3.Work with membersを選択
3 ⏎

# QCLSRCファイルを指定
File : QCLSRC
Library : {指定のLibrary}

# F6キー押下

# ここまでの手順でStart Source Entry Utility (STRSEU) の画面に遷移する

Source Member : {任意のCLプログラムソース名}
Source Type : CLLE
Text 'description' : {CLプログラムの説明} 

# CLプログラムは'PGM'で始まり'ENDPGM'で終わる。(ENDPGMは無くても良いみたいだが。)
# START:やEND:はラベルで、特に決まりは無いがわかりやすく入れているだけ。

# 'PGM''ENDPGM'の部分にカーソルを合わせてF4キーを押下し、Enterを押下すると
# 適切な列位置にフォーマットしてくれる。

# F3キーを押下してSEUを終了し、
# Change/create memberに'Y'を指定してEnter

以上でCLプログラム作成のおまじないまでの手順が終了です。
以下は上記操作の参考イメージです。

AS400-1.gif

よくある Hello World でCLプログラムの実行まで

CLPGM00という名前でCLプログラムのソースを新規作成する。
内容は以下のような感じ

CLPGM00
 FMT **  ...+... 1 ...+... 2 ...+... 3 ...+... 4 ...+... 5 ...+... 6 ...+... 7 ...+... 8 ...+... 9 ...+... 0 
        *************** Beginning of data *******************************************************************
0001.00              PGM                                                                                     
0002.00              DCL        VAR(&MSG) TYPE(*CHAR) LEN(12)                                                
0004.00 START:                                                                                               
0005.00              CHGVAR     VAR(&MSG) VALUE('Hello World!')                                               
0006.00              SNDPGMMSG  MSG(&MSG)                                                                    
0006.01              RETURN                                                                                  
0007.00 END:                                                                                                 
0008.00              ENDPGM                                                                                  
        ****************** End of data **********************************************************************

ソースを作成し保存したら、PDMの一覧画面でCLPGM00のオプションに14を入力しEnter
CALL CLPGM00と作成したCLプログラムを実行すると以下のようにHello World!と出力される。
AS400-2.gif

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away