GitLab

CentOS7.4にGitLab CE 10.7.3の環境を構築する

CentOS7.4にGitLab CE 10.7.3の環境を構築する

事前準備

以下の記事手順に従って、事前にCentOS7.4の環境が構築済みであること。
Vagrant2.0.3を使ったCentOS7.4の環境構築

また、ホスト名の設定が下記のようになっていること。
またホスト名で名前解決ができる状態であること。

hostname
gitlab-hostname

GitLabの環境構築

GitLabの環境構築をする各環境情報

ソフトウェア バージョン
1 GitLab CE 10.7.3
2 OS CentOS 7.4

GitLabインストール前の準備

依存関係のモジュールをインストール

sudo yum install -y curl policycoreutils-python openssh-server

sshdを自動起動にしてスタート

sudo systemctl enable sshd
sudo systemctl start sshd

ファイアウォールを自動起動にしてhttpポートを開ける

sudo systemctl enable firewalld
sudo systemctl start firewalld
sudo firewall-cmd --permanent --add-service=http
sudo systemctl reload firewalld

メース転送ソフトウェアのpostfixをセットアップ

sudo yum install postfix
sudo systemctl enable postfix
sudo systemctl start postfix

GitLab CE(Community Edition)のシェルスクリプトダウンロード及びリポジトリのセットアップ

cd /usr/local/src
curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.rpm.sh | sudo bash

GitLab CEのインストール

EXTERNAL_URLgitlab-hostnameの部分は、任意のホスト名やドメイン名を環境に合わせて変更し、コマンドを実行する。
このEXTERNAL_URLは、GitLabからユーザーがcloneする際、正しいURLを生成するために必要な設定のようです。
参考:https://docs.gitlab.com/omnibus/settings/configuration.html#configuring-the-external-url-for-gitlab

sudo EXTERNAL_URL="http://gitlab-hostname" yum install -y gitlab-ce

GitLabの変更を反映

念のため設定を反映するためにreconfigureを実行します。
GitLabインストール完了時にgitlab Reconfigured!というメッセージが出力されているため、たぶんこの手順はいらないのかもしれませんが。。。

sudo gitlab-ctl reconfigure

GitLabにアクセス確認

以下のURLにアクセスしてGitLabのログイン画面が表示されることを確認。
http://gitlab-hostname

Change your passwordと、管理アカウント``のパスワードを変更するように求められるので、任意のパスワードを入力して変更する。

その後、ログイン画面でroot/変更したパスワードでログインできれば環境構築完了。

その他

GitLab Web IDE

GitLab10.7のバージョンから、CEでWebIDEが一般公開されています。
GitLab上でコードの編集ができる機能のようです。

1.PNG