Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS re:Invent 2019 - Keynote with Andy Jassy Amazon SageMaker サービスまとめ

はじめに

AWS re:Invent 2019 - Keynote with Andy Jassy 動画にて紹介されました Amazon SageMaker に関する新サービスの情報をまとめました。

■本動画のリンクはこちらから
AWS re:Invent 2019 - Keynote with Andy Jassy

Amazon SageMaker 関連のサービス紹介

本動画内で紹介された Amazon SageMaker 関連のサービスです。

  • Amazon SageMaker Studio
  • Amazon SageMaker Notebooks
  • Amazon SageMaker Experiments
  • Amazon SageMaker Debugger
  • Amazon SageMaker Model Monitor
  • Amazon SageMaker Autopilot

Amazon SageMaker Studio

image.png

  • ウェブベースの IDE で完全に統合された ML サービス
  • notebook、コード、データセットの管理・アクセス・サーチは全てこれ1つで完了
  • 機械学習プロジェクト管理のフォルダも作成可能
  • フォルダやうロジェクト、コンテンツの共有も可能

Amazon SageMaker Notebooks

image.png

  • 1クリックで notebook を立てることが可能
  • インスタンスのプロビジョニングも不要
  • CPUの増減も簡単に実行可能
  • 新しいインスタンスに自動でnotebook のコンテンツのコピーや移動が可能

Amazon SageMaker Experiments

image.png

  • 入力されたパラメータや構成、結果を自動的にキャプチャ
  • リアルタイムの実験をブラウザリングやモニタリング可能
  • 直近の実験を名前やパラメータで検索をかけることが可能

Amazon SageMaker Debugger

image.png

  • 機械学習モデルのデバッグサービス
  • 監視したいメトリクスを自動的に設定
  • モデルのトレーニングパフォーマンスをリアルタイムで提供

Amazon SageMaker Model Monitor

image.png

  • データを予測実行前後で違いが出てないかのチェックが可能
  • 1クリックでモデルのモニタリングを実行
  • SageMaker Studio でデータのビジュアル化が可能

Amazon SageMaker Autopilot

image.png

  • 自動的にデータの変換が可能
  • ベストなアルゴリズムを選択
  • 50種類の異なるモデルでトレーニングを自動的に実行
  • 50種類のモデルの結果を順位付けをして結果を出す

おわりに

AWS re:Invent 2019 - Keynote with Andy Jassy 動画にて紹介されました Amazon SageMaker に関する新サービスの情報は以上となります。本記事では紹介しませんでしたが、Amazon SageMaker 以外の新サービスや既存サービスのアップデート情報なども、本動画で紹介されております。そちらもぜひ、確認下さい。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away