Posted at

Introduction to AWS CodeStar 和訳してみた


はじめに

AWS Training and Certification にて紹介されている AWS CodeStar についての動画を和訳してみました。

このコンテンツへのアクセス方法については、こちらに記載しております。


Introduction to AWS CodeStar


What is AWS CodeStar

それでは、AWS CodeStar について紹介して参ります。

image.png

AWS CodeStar はフルマネージド型のサービスです。AWS 環境上にある、アプリの開発・構築・デプロイを1つにまとめることができます。主な特徴は以下の3点です。


  • 直ぐに開発を始めることが可能

  • セキュアな環境でチームで共同作業が可能

  • ソフトウェアデリバリーをより早く行うことが可能


Key Features

AWS Code Star は以下の特徴があります。

image.png


  • セントラルプロジェクトダッシュボード


    • プロジェクトの情報を一元化し、ダッシュボードで表示



  • プロジェクトのテンプレート


    • アプリ開発の助けになるテンプレートを用意



  • チームのアクセス管理


    • プロジェクト毎に参加メンバーを管理



  • Git リポジトリ


    • 全てのプロジェクトのコードを管理



  • 継続的なデリバリツールチェイン


    • 設定済みの自動化されたパイプラインをプロジェクトごとに用意




How it Works

AWS CodeStar を使用することで一連の流れを全てCodeStarで行うことができます。

image.png


  • プロジェクトの計画を立てる

  • プロジェクトの参加メンバーの管理(IAM)

  • 開発環境の用意(CodeCommit)

  • 構築(CodeBuild)

  • デプロイ(CodeDeploy)

  • 監視(CloudWatch)

  • プランとマネージメント管理


Hands On

それでは、実際に AWS CodeStar を開始してみましょう。AWS コンソールから AWS CodeStar を検索します。トップ画面は、このようになっております。

image.png


Select Template

まず最初に、今回のプロジェクトで使用するテンプレートを選択します。その際に、テンプレートの中身を選ぶ必要があります。

image.png

テンプレートの中身として、以下の項目を選択します。


  • アプリのカテゴリ

  • プログラミング言語

  • AWS サービス

テンプレートが決まったら、プロジェクト名を入力します。

image.png

プロジェクト名が決まったら、画面右下の「Create Project」を選択します。

また、図を見ると、それぞれの項目でそのサービスを利用するのかが表示されています。


  • ソース:AWS CodeCommit

  • ビルド、テスト:AWS CodeBuild

  • デプロイ:AWS CloudFormation

  • モニタリング:Amazon CloudWatch

プロジェクト名の次は、ディスプレイ名を決めて、入力します。

image.png

この画面で確認する項目は以下の3つです。


  • IAM ユーザ名

  • ディスプレイ名

  • メールアドレス


Set Up Tools

ここでは、ツールの環境を設定します。

最初に設定するのは、コードの編集環境です。

image.png

選択できるコードの編集環境は以下の3つです。


  • Visual Studio

  • Eclipse

  • Command Line Tools

コード環境を決めたら、利用しているツールの情報を決めます。

image.png

決めるのは、以下の2つの項目です。


  • OS(どれか1つを選択)


    • macOS

    • Windows

    • Linux



  • 接続情報(どれか1つを選択)


    • HTTPS

    • SSH 



ユーザのローカルマシンに、リポジトリのコピーを作成することができます。

image.png

コピーを作成する場合は Git クライアントを開き、コマンドをコピーする必要があります。

これで、右下の「Skip」ボタンをクリックします。

作成中はこの画面が表示されるので、しばらく待機しましょう。

image.png

この画面が出たら、作成は完了です。

image.png

右上の「Application endpoints」をクリックすると、下図の様な画面が表示されます。

image.png


その他


Project Team

ここでは、プロジェクトに参加するユーザの設定を行うことが出来ます。

image.png

「Add team member」を選択すると、既存の IAM ユーザ、または新規で IAM ユーザを作成し、本プロジェクトに参加させることができます。

また、ここでは以下の情報を確認することができます。

image.png


  • ディスプレイ名

  • メールアドレス

  • プロジェクトにおける役割

  • リモート接続の可否


おわりに

AWS CodeStar の紹介については以上となります。ソフトウェアの開発環境を直ぐに揃えることができ、なおかつプロジェクト毎にユーザの参加や設定、管理も可能な便利なサービスとなっております。

AWS の他の Code シリーズと合わせて、ぜひ使って頂ければと思います。