search
LoginSignup
5

posted at

updated at

Volta のインストールと使い方

数年前から anyenv と nodenv で node のバージョン管理を行なっていたのですが、結局 node しか使いませんでした。
この度、別環境を構築したのを機に、他の node バージョン管理ツールを使うことにしました。

いろいろ比べたのですが、volta が一番オシャレ(名前がオシャレ、公式サイトがオシャレ、使っている人がオシャレ:2022年4月時点での私感)だったので volta を採用しました。

※以前 Node や Node のバージョン管理ツールを使っていた人は Volta をインストールする前に削除しておいてください。

# 環境
# MacOS : Monterey 12.3.1
# SHELL : zsh
# Homebrew : 3.4.5

インストール

Homebrew から volta をインストールする

Homebrew からでなくともインストールできますが、Homebrew からのインストールした方がオシャレ度 UP ✨ です。

1. インストールと確認

brew install volta

volta -v

2. 環境変数を設定する

volta setup

参考 : https://docs.volta.sh/reference/setup

3. 一応 PATH の確認

cat ~/.zshrc

export VOLTA_HOME="$HOME/.volta"
export PATH="$VOLTA_HOME/bin:$PATH"

SHELL の再起動

exec $SHELL -l

5. node のインストールと確認

volta install node

node -v

v16.14.2

バッチリです✌️ 

使い方

プロジェクトで node のバージョンを固定する

0. プロジェクトディレクトリに移動して npm を初期化する

mkdir ~/project-directory && cd ~/project-directory

npm init -y

1. node のバージョンを固定してインストール

volta pin node@14.15.0

参考 : https://docs.volta.sh/reference/pin

確認

cat package.json 

{
  "name": "project-directory",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "keywords": [],
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "volta": {
    "node": "14.15.0"
  }
}

14.15.0 で固定されています。

2. yarn もプロジェクトで固定

volta pin yarn

確認

cat package.json 
"volta": {
    "node": "14.15.0",
    "yarn": "1.22.18"
  }

インストールされている Node の確認

volta list all

User toolchain:

    Node runtimes:
        v14.15.0
        v16.14.2 (default)

    Package managers:
        npm:
            v8.7.0
        Yarn:
            v1.22.18

    Packages:

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
5