Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bigquery | 日付・時間系のクエリまとめ ( query reference 日本語訳 )

More than 3 years have passed since last update.

CURRENT_DATE

現在の日付を返します。
フォーマットは 年-月-日 です。

Returns a human-readable string of the current date in the format %Y-%m-%d.

SELECT CURRENT_DATE();

結果: 2013-02-01

CURRENT_TIME

サーバーの現在時刻を、読みやすい形で返します。
フォーマットは 時-分-秒 の形です。

Returns a human-readable string of the server's current time in the format %H:%M:%S.

SELECT CURRENT_TIME();

結果: 01:32:56

CURRENT_TIMESTAMP

サーバーの現在時刻を、タイムスタンプで返します。
フォーマットは 年-月-日 時:分:秒 です。

Returns a TIMESTAMP data type of the server's current time in the format %Y-%m-%d %H:%M:%S.

SELECT CURRENT_TIMESTAMP();
結果: 2013-02-01 01:33:35 UTC

DATE(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、日付を返します。
フォーマットは 年-月-日 の形です。

Returns a human-readable string of a TIMESTAMP data type in the format %Y-%m-%d.

SELECT DATE(TIMESTAMP('2012-10-01 02:03:04'));

結果: 2012-10-01

DATE_ADD (<タイムスタンプ>, <期間>, <期間の種類>)

タイムスタンプに指定した期間を加えます。
「期間の種類」には年、月、日、時、分、秒を与えることが出来ます。

もし「期間」にマイナスを与えた場合は、その分を減らします。

Adds the specified interval to a TIMESTAMP data type. Possible interval_units values include YEAR, MONTH, DAY, HOUR, MINUTE, and SECOND. If interval is a negative number, the interval is subtracted from the TIMESTAMP data type.

SELECT DATE_ADD(TIMESTAMP("2012-10-01 02:03:04"), 5, "YEAR");

結果: 2017-10-01 02:03:04 UTC

SELECT DATE_ADD(TIMESTAMP("2012-10-01 02:03:04"), -5, "YEAR");

結果: 2007-10-01 02:03:04 UTC

DATEDIFF(<タイムスタンプ1>,<タイムスタンプ2>)

二つのタイプスタンプを与えると、「日付の差」を整数で返します。

Returns the number of days between two TIMESTAMP data types.

SELECT DATEDIFF(TIMESTAMP('2012-10-02 05:23:48'), TIMESTAMP('2011-06-24 12:18:35'));

結果: 466

DAY(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、1 から 31 までの整数で「日」を返します。

Returns the day of the month of a TIMESTAMP data type as an integer between 1 and 31, inclusively.

SELECT DAY(TIMESTAMP('2012-10-02 05:23:48'));

結果: 2

DAYOFWEEK(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、それが「週の中での何日目か」を返します。
得られるのは 1(日曜日)から7(土曜日)の整数です。

Returns the day of the week of a TIMESTAMP data type as an integer between 1 (Sunday) and 7 (Saturday), inclusively.

SELECT DAYOFWEEK(TIMESTAMP("2012-10-01 02:03:04"));

結果: 2

DAYOFYEAR(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、それが「年の何日目か」を 1 から 366 の整数で返します。
たとえば「1」は「1月1日」を表します。

( * 訳注 ... 366があるのは「うるう年」だけです )

Returns the day of the year of a TIMESTAMP data type as an integer between 1 and 366, inclusively. The integer 1 refers to January 1.

SELECT DAYOFYEAR(TIMESTAMP("2012-10-01 02:03:04"));

結果: 275

FORMAT_UTC_USEC(<\UNIX形式のタイムスタンプ>)

UNIXのタイムスタンプを与えると、年-月-日 時:分:秒.uuuuuu の形で返します。

Returns a human-readable string representation of a UNIX timestamp in the format YYYY-MM-DD HH:MM:SS.uuuuuu.

SELECT FORMAT_UTC_USEC(1274259481071200);

結果: 2010-05-19 08:58:01.071200

HOUR(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、0 から 23 までの整数で「時」を返します。

Returns the hour of a TIMESTAMP data type as an integer between 0 and 23, inclusively.

SELECT HOUR(TIMESTAMP('2012-10-02 05:23:48'));

結果: 5 ( 訳注 5時という意味 )

MINUTE(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、0 から 59 の整数で「分」を返します。

Returns the minutes of a TIMESTAMP data type as an integer between 0 and 59, inclusively.

SELECT MINUTE(TIMESTAMP('2012-10-02 05:23:48'));

結果: 23

MONTH(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与える、0 から 12 までの整数で「月」を返します。

Returns the month of a TIMESTAMP data type as an integer between 1 and 12, inclusively.

SELECT MONTH(TIMESTAMP('2012-10-02 05:23:48'));

結果: 10

MSEC_TO_TIMESTAMP(<UNIXタイムスタンプ>)

UNIXタイムスタンプ形式でミリ秒を与えると、タイムスタンプを返します。

Converts a UNIX timestamp in milliseconds to a TIMESTAMP data type.

SELECT MSEC_TO_TIMESTAMP(1349053323000);

結果: 2012-10-01 01:02:03 UTC

SELECT MSEC_TO_TIMESTAMP(1349053323000 + 1000)

結果: 2012-10-01 01:02:04 UTC

NOW()

「UNIXのタイムスタンプ」をマイクロ秒で返します。

Returns a UNIX timestamp in microseconds.

SELECT NOW();

結果: 1359685811687920

PARSE_UTC_USEC(<日付>)

年-月-日 時:分:秒[.uuuuuu] の形式で日付を与えると、マイクロ秒を返します。
[.uuuuuu] の部分は省略できます。

ちなみに TIMESTAMP_TO_USEC も同じ機能ですが、文字列の代わりにタイムスタンプを受け取るところが違います。

Converts a date string to a UNIX timestamp in microseconds. date_string must have the format YYYY-MM-DD HH:MM:SS[.uuuuuu].
The fractional part of the second can be up to 6 digits long or can be omitted.

TIMESTAMP_TO_USEC is an equivalent function that converts a TIMESTAMP data type argument instead of a date string.

SELECT PARSE_UTC_USEC("2012-10-01 02:03:04");

結果: 1349056984000000

QUARTER(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、1 から 4 までの整数で「四半期」を返します。

Returns the quarter of the year of a TIMESTAMP data type as an integer between 1 and 4, inclusively.

SELECT QUARTER(TIMESTAMP("2012-10-01 02:03:04"));

結果: 4

SEC_TO_TIMESTAMP(<UNIXタイムスタンプ>)

UNIX形式のタイムスタンプを、タイムスタンプに変換します。

Converts a UNIX timestamp in seconds to a TIMESTAMP data type.

SELECT SEC_TO_TIMESTAMP(1355968987);

結果: 2012-12-20 02:03:07 UTC

SELECT SEC_TO_TIMESTAMP(INTEGER(1355968984 + 3));

結果: 2012-12-20 02:03:07 UTC

SECOND(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、「秒」を 0 から 59 までの整数で返します。
ただし、うるう秒が含まれる場合は 0 から 60 までの整数になります。

Returns the seconds of a TIMESTAMP data type as an integer between 0 and 59, inclusively.
During a leap second, the integer range is between 0 and 60, inclusively.

SELECT SECOND(TIMESTAMP('2012-10-02 05:23:48'));

結果: 48

STRFTIME_UTC_USEC(<UNIX形式のタイムスタンプ>, <日時の形式>)

指定した形式で日時を返します。

「日時の形式」には、ハイフンやスラッシュのような区切り文字。
そして C++ の strftime で使われる特殊文字を使うことが出来ます。( 例: %d は日を表します )

Returns a human-readable date string in the format date_format_str. date_format_str can include date-related punctuation characters (such as / and -) and special characters accepted by the strftime function in C++ (such as %d for day of month).

# TRANSRATEME:

Use the UTC_USEC_TO_ functions if you plan to group query data by time intervals, such as getting all data for a certain month, because the functions are more efficient.

SELECT STRFTIME_UTC_USEC(1274259481071200, "%Y-%m-%d");

結果: 2010-05-19

TIME(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、時:分:秒 というフォーマットで文字列を返します。

Returns a human-readable string of a TIMESTAMP data type, in the format %H:%M:%S.

SELECT TIME(TIMESTAMP('2012-10-01 02:03:04'));

結果: 02:03:04

TIMESTAMP(<日付>)

日付を文字列で与えると、タイムスタンプに変換します。

Convert a date string to a TIMESTAMP data type.

SELECT TIMESTAMP("2012-10-01 01:02:03");

結果: 2012-10-01 01:02:03 UTC

TIMESTAMP_TO_MSEC(<timestamp>)

タイムスタンプをUNIXのミリ秒に変換します。

SELECT TIMESTAMP_TO_MSEC(TIMESTAMP("2012-10-01 01:02:03"));

結果: 1349053323000

TIMESTAMP_TO_SEC(<timestamp>)

タイムスタンプをUNIXの秒に変換します。

SELECT TIMESTAMP_TO_SEC(TIMESTAMP("2012-10-01 01:02:03"));

結果: 1349053323

TIMESTAMP_TO_USEC(<タイムスタンプ>)

Converts a TIMESTAMP data type to a UNIX timestamp in microseconds.
PARSE_UTC_USEC is an equivalent function that converts a data string argument instead of a TIMESTAMP data type.

SELECT TIMESTAMP_TO_USEC(TIMESTAMP("2012-10-01 01:02:03"));

結果: 1349053323000000

USEC_TO_TIMESTAMP(<expr>)

Converts a UNIX timestamp in microseconds to a TIMESTAMP data type.

SELECT USEC_TO_TIMESTAMP(1349053323000000);

結果: 2012-10-01 01:02:03 UTC

SELECT USEC_TO_TIMESTAMP(1349053323000000 + 1000000)

結果: 2012-10-01 01:02:04 UTC

UTC_USEC_TO_DAY(<UNIX形式のタイムスタンプ>)

# TRANSRATEME:

UNIXタイムスタンプでのミリ秒を、その日の始まりのものに変換します。
たとえば、May 19th at 08:58 のUNIXタイムスタンプを与えると、May 19th at 00:00 (深夜) のUNIXタイムスタンプを返します。

Shifts a UNIX timestamp in microseconds to the beginning of the day it occurs in.
For example, if unix_timestamp occurs on May 19th at 08:58, this function returns a UNIX timestamp for May 19th at 00:00 (midnight).

SELECT UTC_USEC_TO_DAY(1274259481071200);

結果: 1274227200000000

UTC_USEC_TO_HOUR(<UNIXタイムスタンプ>)

UNIXタイムスタンプを与えると、その「時」の最初のマイクロ秒を返します。
たとえば、与えたUNIXタイムスタンプが 8:58 のものであれば、同日の 8:00 のマイクロ秒を返します。

Shifts a UNIX timestamp in microseconds to the beginning of the hour it occurs in.
For example, if unix_timestamp occurs at 08:58, this function returns a UNIX timestamp for 08:00 on the same day.

SELECT UTC_USEC_TO_HOUR(1274259481071200);

結果: 1274256000000000

UTC_USEC_TO_MONTH(<UNIXタイムスタンプ>)

UNIXタイムスタンプをマイクロ秒で与えると。
「その月の最初のマイクロ秒」を返します。

Shifts a UNIX timestamp in microseconds to the beginning of the month it occurs in.
For example, if unix_timestamp occurs on March 19th, this function returns a UNIX timestamp for March 1st of the same year.

SELECT UTC_USEC_TO_MONTH(1274259481071200);

結果: 1272672000000000

UTC_USEC_TO_WEEK(<UNIXタイムスタンプ>,<曜日>)

UNIXタイムスタンプをマイクロ秒で返します。

一番目には「UNIXタイムスタンプ」をマイクロ秒で。
二番目には「曜日」を 0(日曜日) から 6(土曜日) の間で与えてください。

たとえばUNIXタイムスタンプに 2008年4月11日(金曜)を与えて。
曜日に2(火曜日)を与えたとしたら。

2008年4月18日(火曜日)のUNIXマイクロ秒を返します。

Returns a UNIX timestamp in microseconds that represents a day in the week of the unix_timestamp argument.
This function takes two arguments: a UNIX timestamp in microseconds, and a day of the week from 0 (Sunday) to 6 (Saturday).

For example, if unix_timestamp occurs on Friday, 2008-04-11, and you set day_of_week to 2 (Tuesday), the function returns a UNIX timestamp for Tuesday, 2008-04-08.

SELECT UTC_USEC_TO_WEEK(1207929480000000, 2) AS tuesday;

結果: 1207612800000000

UTC_USEC_TO_YEAR(<UNIXタイムスタンプ>)

UNIXタイムスタンプを与えると、その年初のUNIXタイムスタンプを、ミリ秒で返します。

たとえば UNIXタイムスタンプが2010年のものならば、1274259481071200 を返します。
これは 2010-01-01 00:00 の最初のタイムスタンプです。

Returns a UNIX timestamp in microseconds that represents the year of the unix_timestamp argument.
For example, if unix_timestamp occurs in 2010, the function returns 1274259481071200, the microsecond representation of 2010-01-01 00:00.

SELECT UTC_USEC_TO_YEAR(1274259481071200);

結果: 1262304000000000

WEEK(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると、1から53までの整数で「週」を返します。

この「週」というのは、日曜日が始まりです。

なのでたとえば、1月1日が日曜日以外であれば「1」の週には7日未満しかありません。
この場合、最初の日曜日は、「2」の週に含まれることになります。

Returns the week of a TIMESTAMP data type as an integer between 1 and 53, inclusively.
Weeks begin on Sunday, so if January 1 is on a day other than Sunday, week 1 has fewer than 7 days and the first Sunday of the year is the first day of week 2.

SELECT WEEK(TIMESTAMP('2014-12-31'));

結果: 53

YEAR(<タイムスタンプ>)

タイムスタンプを与えると年を返します。

Returns the year of a TIMESTAMP data type.

SELECT YEAR(TIMESTAMP('2012-10-02 05:23:48'));

結果: 2012

補足

Yinaura
https://twitter.com/yumainaura / mv here http://qiita.com/Yumainaura / yumainaura / 稲浦悠馬 / いなうらゆうま
https://twitter.com/yumainaura
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした