Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows10インストール用USBをLinux上で作る

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Windows10を使っていたが、ある日突然SSDがお亡くなりになった。
リカバリー用のメディアも作っておらず、途方に暮れそうになったところを頑張ったメモ。

必要なもの

  • USBメディア。今回は32GBのものを使用。8GBあれば足りる?
  • USBが使えるLinux。ディストリビュージョンは何でも良いはず。今回は Raspbian on Raspberry Piを使用。
  • Windows10インストールイメージを入手するためのインターネット接続環境。

Windows10インストールイメージの入手

今復旧したWindows端末から検索するとなぜか出てこないが、
Android端末で「Windows10 インストールイメージ」で検索すると下記URLがヒットするので、
ここからイメージのURLを特定して、Linux端末でwget等でダウンロードする。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

USBメモリをブータブル化

持っていたUSBメモリはブート非対応のものだったので、fdiskでブータブル化する。

sudo fdisk /dev/sdb
d (すでにある領域をとりあえず消しておく)
n
p (プライマリパーティションを作る)
1 (第1パーティションを作る)
(開始セクタの指定。全領域使用で良ければそのままエンター)
(終了セクタの指定。全領域使用で良ければそのままエンター)
t (パーティションタイプを変更する)
7 (NTFS/exFATとかはこの番号だと思う)
a (ブートフラグ(アクティブフラグ)を立てる)
w (書き込み)

USBメモリをフォーマット

sudo mkfs -t vfat /dev/sdb1

ダウンロードしたWindows10インストールイメージのファイルをUSBメモリへ突っ込む

sudo mkdir /mnt/iso
sudo mount -t iso9660 -o loop (Windows10インストールイメージファイルパス) /mnt/iso
sudo mkdir /mnt/sdb1
sudo mount -t vfat /dev/sdb1 /mnt/sdb1
cd /mnt/sdb1
sudo cp -r /mnt/iso/* .

後処理

cd
sudo umount /mnt/iso
sudo rm -r /mnt/iso
sudo umount /mnt/sdb1
sudo rm -r /mnt/sdb1

私はこれでインストールできました

あとはSSDを換装した我がPCに接続して、ブートプライオリティを変更して、無事起動&インストールできました。

最後に

  • 持ってて良かったラズパイ!
  • ファイルの中身自体はコピペで済むなんて、良い時代になったものだ。
  • バックアップはちゃんとしておきましょう。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away