Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

@YasuhiroKimesawa

ちょっとずつ読むドメイン駆動設計 第一部 ドメインモデルを機能させる 第ニ章 コミニュケーションと言語の使い方8

ドキュメント

すでにコードがうまくやていることを、ドキュメントでもやろうとしない(第一部 第二章 より)

もちろん、環境構築の資料や営業資料などプロジェクト全体の資料はあるとして、
設計方面のドキュメントとして残してるのはなんだろうと今思い返すと、

  • ストーリーバックログ
  • 決まってないことリスト
  • やらないことリスト
  • インセプションデッキ
  • 関連するアプリケーションに関する資料
  • アーキテクチャ図
  • 議事録(Wiki)

などなど、、、

特に、プロジェクトでどうにもいかない、関連アプリケーションについてはリファクタリングも設計の見直しもできないので、腐敗防止層の接続部分も含め、何とかクラス図を書いたり、メモを図に追加したりしています。

 > ドキュメントは活動の役に立たなければならず、最新の状態を保たなくてはならない。(第一部 第二章 より)

バックログやインセプションデッキなどは、きちんとスプリントの終わりに見直して、最新にしなくてはなりませんね。できてるかな・・・できてないな。。。

気になるのは、プロジェクトが進み、モデルが進化するにつれ、ストーリーやユースケースなど、気をつけないと言葉が古いまま使われてるかも・・・とここを読んでいて気になりましたね。

そこに手を付ける段階でやはり混乱を招きそうです。

この辺りはストーリーが多いプロジェクトだと結構大変な作業になりそう、というよりなってます。
スプリントが長いのかな。もう少し頻繁に、小さく見直す時間をとっても良さそうです。

ドキュメントは最小限に、必要なものはユビキタス言語を使い常に最新に保つ!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?