search
LoginSignup
53

posted at

updated at

Organization

「ミノ駆動本」読書感想文

話題のあの本を買ってきました

良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門 ―保守しやすい 成長し続けるコードの書き方

良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門 ―保守しやすい 成長し続けるコードの書き方

買ってきました、ミノ駆動本。
普通に本屋に売ってました。

ただ、正式タイトルを覚えておらず、一生懸命「ミノ駆動本」を探していたので、なかなか見つかりませんでした。
そのため、最初は間違って「ノミ駆除法」という本を買ってしまいました。

ワイ「ええと、ミノ駆動本、ミノ駆動本、どこや・・・?」
ワイ「あった!・・・ん?」
ワイ「ノミ駆除法・・・ちょっと違うか?」
ワイ「いや、ノミってのは、多分バグのことを指してるんやろうから」
ワイ「バグを取り除く方法が書いてあるはずや」
ワイ「よし、購入や!」
ワイ「さっそく読んでみよか」
ワイ「なになに、ノミ防止用の首輪をペットにつけて・・・?」
ワイ「いやリアルなノミの駆除法やないかい!」

嘘です。
普通に買えました。

ここから感想文

めっちゃ読みやすい。分かりやすい。

今まで買った技術書の中で、一番読みやすくて分かりやすいです。
それって「学びやすい」「つらくなく学べる」ってことなので、読み手としてはメッチャありがたいです。

この読みやすさには、執念を感じました。

ミノ駆動さん「バグを生みにくく、変更しやすいソフトウェア作りが重要なんや・・・!」
ミノ駆動さん「でも、それがなかなか周りの人間に伝わらへん・・・!」
ミノ駆動さん「この伝え方もダメ・・・!」
ミノ駆動さん「あの伝え方もダメ・・・!」
ミノ駆動さん「ぐぬぬ・・・!」
ミノ駆動さん「ほな、ここまで分かりやすく読みやすく説明すればええのやろ!」

そんな執念を感じてしまいました(勝手な想像です)

あの爆殺動画の書籍化?

元々は「あの爆殺動画シリーズを書籍化しませんか?」というお話だったらしいです。

この動画シリーズもすごいですよね。

ミノ駆動さん「ここまで面白くて、分かりやすければ・・・」
ミノ駆動さん「流石に伝わるやろ!!!」

そんな執念を感じます(勝手な想像です)

伝えるための工夫、まじでリスペクトです。

ここから本の内容

オブジェクト指向的な、クラス設計の話が多い

「バックエンドの人たちって、こんな風に考えてるんや」って感じで、メチャクチャ勉強になりました。

ワイはフロントエンドエンジニアなので、TypeScriptばっかり書いていて、クラスって普段ほとんど書きません。
なので「値オブジェクト」すらよく知りませんでした。
(TypeScriptにもclass構文は一応ありますけどね)

フロントエンドエンジニアって、割とワイみたいな人が多いと思います。

とっても勉強になるので、オススメです。

具体的な話が多い

どの説明も、全部サンプルコードがあります。
なので・・・

「なるほどー、そういう考え方が大事なんやー」
「でも・・・具体的にはどんな場面で使えるんやろ?」
「その考え方でコードを書くと、具体的にどんなコードになるんやろ?」

↑こうなりません。全部コード書いてあります。

タイトルの通り、まさに「良いコード/悪いコードで学ぶ」って感じです。

もうちょっと上流っぽい話も

具体的なコードの書き方より、もう少しだけ上流っぽい感じの「モデリング」みたいな話も書いてありました。

現実世界の「解決したい問題」を抽象化して図に起こす、みたいなやつです。

「現実世界のモノと一対一でクラスを作るだけでは、落とし穴がある」的な話が興味深かったです。
この辺もあまり考えたことがなかったので、学びがありました。

フロントエンドの話はない

「フロントエンドで明日から使えるテクニックが満載!」っていう本ではありません。
「フロントエンド版ミノ駆動本」もあったらいいのな、って思いました。

でも、考え方が流用できそうな部分はありました。
「イミュータブル(不変)」だったり「副作用」だったり「参照透過性」だったり。

あとは、命名の話とか、他にもいろいろ。

総評

好き。

新しい記事もよろしくやで

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
53