2
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Organization

TCAで親子・孫・ひ孫・玄孫...でstateを同期させる

まえがき

The Composable Architecture(以下からTCA)で、
親子や孫..のStateの共有をノード間で自動的に同期するためには
どうすればよいか備忘録として書き留めます。

おおまかに何がやりたいか

孫で更新された情報と、
親で更新された共有データ親に即座に更新される状態を作りたい。
TCAでSingletonを使うようなイメージ。

手順

共通に持ちたいSharedDataを定義

struct SharedData: Equatable {
    var isFirstUser: Bool = false
}

共有の情報をSharedDataとして定義し、

struct AppState: Equatable {
    var sharedData: SharedData
    var _homeState: HomeState
}

extension AppState {
    var homeState: HomeState {
        get {
            return _homeState.with(sharedData: sharedData)
        }
        set {
            _homeState = newValue
            sharedData = newValue.sharedData
        }
    }
}

extension AppState {
    static func initial(sharedData: SharedData) -> AppState {
        AppState(
            sharedData: sharedData,
            _homeState: .initial(sharedData: sharedData)
        )
    }
}

他の画面に遷移するときに、
Stateを初期化時にsharedStateを渡し、
更新があるたびにsetterを通じてsharedDataを更新します。

Rootに共通のStateを定義し、それを共有したいStateを初期化する時に注入し、
そのStateが更新されると共通のStateも更新させるようにすることで実現します。

struct HomeState: Equatable {
    var sharedData: SharedData
}

extension HomeState {
    static func initial(sharedData: SharedData) -> HomeState {
        HomeState(sharedData: sharedData)
    }
}

extension HomeState {
    func with(sharedData: SharedData) -> Self {
        var result = self
        result.sharedData = sharedData
        return result
    }
}

上記コードをPlaygroundで試すと

var appState = AppState.initial()
appState.sharedData.isFirstUser // print true
// homeStateのsharedData経由でisFirstUserを更新させる。
appState.homeState.sharedData.isFirstUser = false
appState.sharedData.isFirstUser // print false

あとがき

Stateのノードのどこから更新しても更新できるようにするやり方でした。
本来ならAction経由でStateを更新するのが筋かもしれませんが、
一例として参考にしていただけたら幸いです。

SwiftUI x The Composable Architecture(TCA) x Firestoreでのお仕事募集中です〜!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
2
Help us understand the problem. What are the problem?