Posted at

SAS ViyaでJupyter notebookをはじめるまでの手順

SAS ViyaはAIプラットフォームです。PythonやJava、Rなどの言語を通して利用できます。そのSAS Viyaは無料で使えるトライアル環境を提供しています。実際にはじめるまでに幾つかのステップがありますので、今回はその紹介をします。


SAS for Developersに行く

まずはSAS for Developersへ行きます。

Screenshot_ 2019-08-06 9.56.02.png

その中にある Get started on your SAS Viya Developer Trial をクリックします。

Screenshot_ 2019-08-06 9.56.12.png


フォームを入力する

表示されたフォームについて全て入力します。なお、SAS Profileを使うこともできます。

Screenshot_ 2019-08-06 9.56.20.png

すでに何らかのSASプロダクトを利用されている、またはトライアル環境を繰り返し試用する場合にはSAS Profileの登録をお勧めします。

SAS Profileの新規登録はこちらから行います。

Screenshot_ 2019-08-06 9.56.47.png

SAS Profile

SAS Profileでログインしていると、フォームが自動入力されます。ただ、都道府県だけは選択状態にならないので注意してください。

トライアル申請が完了すると、以下のような画面になります。

Screenshot_ 2019-08-06 9.58.12.png


メールを確認する

少しするとトライアル環境が準備できたというメールが届きます。

Screenshot_ 2019-08-06 10.03.27.png

メールをクリックすると規約が表示されます。

Screenshot_ 2019-08-06 9.59.09.png

規約に同意し、SAS Profileでログインします。

Screenshot_ 2019-08-06 9.59.23.png

SAS ViyaのJupyter notebookが表示されるはずです。

Screenshot_ 2019-08-06 10.00.46.png


まとめ

トライアル環境は14日間、途中で延長も可能です。ぜひSAS Viyaをお試しください。

SAS for Developers