Posted at

CASTableパラメータについて

SAS ViyaはAIプラットフォームです。PythonやJava、Rなどの言語を通して利用できます。そのSAS Viyaの中で使われているのがCASTableというテーブルオブジェクトです(CASはCloud Analytic Servicesの略です)。CASTableで使えるパラメータについて解説します。


name

テーブル名です。


caslib

利用するcaslibを指定します。指定しない場合は現在アクティブなcaslibになります。


where

データの絞り込みを行う条件を指定します。


groupby

データのグルーピングを行う条件を指定します。リストまたはDictで指定します。


groupbyfmts

groupbyのフォーマットを指定します。デフォルトは [] です。


orderby

データの並び替えを指定します。


computedvars

computedvarsprogramと組み合わせて使います。computedvarsprogramで計算した結果を行に適用する場合に、変数名を指定します。


computedvarsprogram

計算式を指定します。


groupbymode

サーバでのグルーピング方法を指定します。デフォルトはNOSORT、その他にNOSORTとREDISTRIBUTEが指定できます。


computedondemand

Trueを指定すると、アクション開始時ではなくデータのロード時にcomputedvarsの変数を適用します。


singlepass

Trueを指定するとサーバに一時テーブルを作成しなくなります。


importoptions

データソースからテーブルを読み取るための指定をします。


ondemand

テーブルアクセス時に仮想メモリをあまり使わなくなります。


vars

アクションで使用する変数を指定します。


timestamp

テーブルに使用するタイムスタンプを指定します。出力されるテーブルに対してのみ利用されます。


compress

Trueを指定すると、出力する際にデータ圧縮するようになります。


replace

既存のテーブルを同じ名前で置換するかどうか指定します。


replication

テーブルのレプリケーション数を指定します。あまり多く指定するとパフォーマンスが低下します。デフォルトは1で、0以上、147483647未満を指定します。


threadblocksize

一度に読み取るブロック数を指定します。0以上、9223372036854775807未満を指定します。


label

テーブル用の説明ラベルです。


maxmemsize

テーブルに割り当てる物理メモリのサイズを指定します。


promote

Trueを指定するとテーブルがグローバルスコープに指定されます。他のセッションからアクセスできるようになります。


まとめ

CASTableはSAS Viyaを利用する上で基本的なデータモデルになります。CASTableのオプションを指定して、より効率的なテーブルアクセスを行ってください。

swat.cas.table.CASTable — SWAT 1.5.2 documentation