Posted at

Unityアセット ProTexで楽々テクスチャ作成!


はじめに

この記事はUnity アセット真夏のアドベントカレンダー 2018 Summer! の 24 日目の記事です。

昨日は ooee オーエー@個人ゲーム開発者さんの「Odin – Inspector and Serializerでマスターデータを作ろう!」でした。

Unityでゲームを作る際に大変な事の一つと言えば、テクスチャ作成だと思います。

ネットでフリーのテクスチャを探してもイメージに合ったものが見つからなかったり、自分でテクスチャを作ろうにも、それなりに技術はいるし、時間がかかる...

そんな悩みを解決してくれるのが、この記事で紹介するProTexという無料アセットです。

ProTex

image.png


ProTexとは

ProTexは、UnityのWindow上でノードベースでTextureを作るためのアセットです。

主な利点は二つあります。

・質の良いテクスチャをノードベースで、かなり簡単に作れる。

・Textureあらかじめ生成せずに、実行時に生成するので、プロジェクトの軽量化に繋がる。(NormalやEmitionのマップを保存する必要がない)


1. アセットのインポート

まず、アセットをインポートします。

全てインポートしてください。

無料アセットです。


2. ProTexアセットの作成

下の写真のように、右クリック→Create→ProTex→ProTexTextureをクリックしてください。

image.png

作ったアセットを開くと下のようなWindowが出てくるはずです。

Inspectorの説明はもう一つの写真の通りです。

image.png

20190819_145604271_iOS.png


3. ノードの説明

新しく作ったWindowの中で右クリックすると、ノードを選んで作ることが出来ます。

それぞれのノードが持つ効果は、言葉の意味の通りなのですが、分かりにくいノードの使い方は説明しておこうと思います。

また、ノードの効果はアセット付属のマニュアル(英語)の写真をみれば、だいたい分かると思います。

image.png

ノードにはそれぞれのinputoutがあり、それらをつないで、Outputノードにつなげる事でテクスチャを作っていきます。

また、それぞれノードは詳細が設定できます。

しかし、そこで赤いApply Changesボタンを押さないと設定の変更が反映されないので、注意してください。

image.png


Uniform Color    Colorize  

単色をoutします。     後ほど説明。


Blur      Grayscale

ぼかします。    カラーを白黒にします。


ProTex Texture 

Examplesのテクスチャをoutします。  


interpolate  

AとBの中間値をoutします。


High pass    Low pass

明るい部分以外黒に  暗い部分以外黒に 


offset

X,Y座標を移動させます。


4. 基本的なテクスチャの作り方

それでは、基本的なテクスチャの作り方を説明します。

流れとしては下のようになります。


白で形を作る

*AlphaをOperationにする事で透過テクスチャを作れます。

image.png


色を塗る

基本はColorizeノードを使います。

Colorizeノードの使い方をは下の通りです。

20190819_150224146_iOS.png


背景などを整える

ここでProTex Textureノードを使うと楽だと思います。

このアセットにはたくさんのデモテクスチャがあって、それらをこのノードで、使うことが出来ます。

最終的にノードをoutputノードにつなげることで、プレビューに反映されます。

適当に整えたのが下の写真です。

image.png


5. 作ったテクスチャの使用方法

では、最後に作ったテクスチャの使用方法を説明していきます。

2つの使い方があります。

一つはinspectorからボタンをおして、生成する物です。

もう一つは、Corponentで実行時に生成して使います。

MaterialをつけたオブジェクトにPro Tex Material Binderを入れるだけで、Materialにテクスチャが入っていきます。

image.png


最後に

長くなってすみませんでした。

ペイントソフトが使えなくても、簡単にテクスチャを作れるのは、本当に便利です。

少し慣れる必要があると思いますが、使いやすいので、ぜひ試してみてください。

明日はさとやんさんの「Animancerで楽々アニメーションプログラミング」です。