Edited at

KINGJIM PORTABOOK(xmc10)にUbuntuをインストールする際の注意

More than 1 year has passed since last update.


BiosからブータブルUSBが認識しない場合

USBに焼くツールは「unetbootin」「Universal-USB-Installer」など何でも構いませんが、注意が必要です。

XMC10のAptio Biosは64bitのUEFIしか対応していません。

ですから、Ubuntuの32bitのブータブルUSBを作っても認識しないのです。

32bitだと何度Biosから「Boot Override」を押しても、F2キーでブートメディアを選択しても一瞬でBios画面に戻ったり、Win10が「ようこそ」してしまいます。

これに気がつくまで2日間、新しくUSBフラッシュメモリを買い替えたり、何度も何度もブータブルUSBを焼き直しました。

私は単にWine環境が32bitでしかまともに動作しないのが嫌なのでOSごと32bitにしたかっただけです。Wine環境を32bit構成で設定すれば済むので余計な苦労だったかもしれません。


SDカードへのインストールはオススメしない

できる人はできるのかもしれませんが、私の技量ではインストール後「GRUB Shell」が起動するだけでSDのUEFIを認識してくれませんでした。

↓こういうやつ

ですのでWindows10は削除するほうが無難です。

もとに戻したい場合はWindows10(64bit)のインストールUSBを作れば問題ないので、失敗を恐れずにやったほうがいいです。

あくまでも自己責任ですよ

あとは当然ながら失敗するとUEFIのリストにゴミが残ります。(なぜか2個できます)

面倒ですが手動で削除してあげて下さい。

ちなみにLinux MINTでも同様にGrubのインストールに失敗し上記のような画面になります。

Grubを32bitでインストールしているのかも?


参考サイト

【XMC10】Ubuntu17.10を入れてみた。- ガジェット好きの日記

キングジム XMC10 の簡単なレビューと Debian インストール - Plamo Linux 日記

Ubuntu on PORTABOOK (その1) - おはよう君需要なし