Windows
Selenium
edge
WebdriverIO

できるだけコピペでWindows + WebDriverIO + Edge でテスト

概要

Widows環境でWebDriverIOを使ってEdgeでE2Eテストする。

環境

  • Windows10 , 1709, 16299.192

javaインストール

これだけは java.com からダウンロードしてインストール

ディレクトリ作成

> mkdir wdio-test
> cd wdio-test

npm init

  • コマンド入れて、全部デフォルトで。
> npm init

webdriverIO 追加

> npm install webdriverio --save-dev

パスを通す

あとで、コマンドを使うとき楽するためにパスを通す

> path=.\node_modules\.bin;%PATH%

コンフィグ作成

  • とりあえず全部デフォルトで
> wdio

wdio-selenium-standalone-service 追加

> npm install wdio-selenium-standalone-service --save-dev

WebDriverインストール

> selenium-standalone install

wdio.conf.js 編集

  • wdioの capabilities の browserName の部分を "edge"に。
  • servicesに selenium-standaloneを追加

    capabilities: [{
        ...
        browserName: 'edge'
    }],
    ...
    services: ['selenium-standalone'],
    ...

テストファイル作成

  • test\specs\test.jsを作成
describe("Open browser", () => {
  it("open", () => {
    browser.url("https://google.jp");
  })
});

テスト

> wdio wdio.conf.js

Edgeが起動して、google.jpにアクセスできたらOK

package.jsonを編集して npm run test とするのが吉

"scripts": {
  "test": "wdio wdio.conf.js"
}
> npm run test

その他のブラウザ

chrome

  1. chromeのインストール
  2. browserNameのところを"chrome"に変更する

IE11

  1. browserNameのところを"internet explorer"に変更する
  2. インターネットオプション → セキュリティ
    • インターネット、ローカルイントラネット、信頼済みサイト、制限付きサイトで「保護モードを有効にする」をONにする
  • IEはテストが終わってもクローズしない

参考