TensorFlow

Mac に TensorFlow をインストールする

More than 1 year has passed since last update.

を実行するが、多少 Virtual Environment の方式が違う。他には、Dockerでもインストール可能だが、Dockerより、色々試すのだと、インストールしてしまうのが良さそう。pythonだと、Virtual Environment という方式があり、環境を汚さず、環境を作れるようす。

python3 -m venv venv

-m でモジュールを実行するコマンドで、venv モジュールを実行する。 下記のディレクトリができる。lib の下にディレクトリや、pycはキャッシュファイルでコンパイル下バイトコードの様子。 pyvenv.cfg はコンフィグファイル。

$ ls
bin     include     lib     pyvenv.cfg

pyenv.cfg

home = /usr/local/bin
include-system-site-packages = false
version = 3.6.3
$ python3 -m venv --help
usage: venv [-h] [--system-site-packages] [--symlinks | --copies] [--clear]
            [--upgrade] [--without-pip] [--prompt PROMPT]
            ENV_DIR [ENV_DIR ...]

の通りで、仮想環境がvenv という名前のディレクトリの下に作られる。
仮想環境の実行は下記のファイルを読み込むので良い。

source venv/bin/activate

という感じで良い。Tensorflowのインストールは、pip で良い。

pip3 install --upgrade tensorflow

あとは、ページにある動作確認を実施すれば良い。

import tensorflow as tf
hello = tf.constant('Hello, TensorFlow!')
sess = tf.Session()
print(sess.run(hello))

TensorFlow は難しくて歯が立たない。一歩一歩やるしかないね。