Linux
KVM

KVMゲストOSを削除する

More than 3 years have passed since last update.

ゲストOS を削除するときのクイックリファレンスです。


ゲストOS を削除する


スナップショットの削除

スナップショットがあれば、スナップショットをすべて削除する。


書式

$ virsh snapshot-delete <KVMドメイン名> <スナップショット名>



コマンド例

$ virsh snapshot-delete kvm_centos7 snap02_kvm_centos7


External snapshot については--metadata オプションをつけて削除する。


書式

$ virsh snapshot-delete <KVMドメイン名> <スナップショット名> --metadata



コマンド例

$ virsh snapshot-delete kvm_centos7 snap01_kvm_centos7 --metadata



削除

autostart の設定があれば解除する。


書式

$ sudo virsh autostart --disable <KVMドメイン名>



コマンド例

$ sudo virsh autostart --disable kvm_centos7


virsh 管理対象から外す。


書式

$ sudo virsh undefine <KVMドメイン名>



コマンド例

$ sudo virsh undefine kvm_centos7


pool 名を確認します


コマンド例

$ sudo virsh pool-list --all

Name State Autostart
-------------------------------------------
kvm_centos7_pool active yes

pool に紐づくデバイスを確認します。


書式

$ sudo virsh vol-list <プール名>



コマンド例

$ sudo virsh vol-list kvm_centos7_pool

Name Path
------------------------------------------------------------------------------
disk.img /path/to/volume

pool に紐づくデバイスを削除します。


書式

$ sudo virsh vol-delete --pool <pool名> <デバイス名>



コマンド例

$ sudo virsh vol-delete --pool kvm_centos7_pool disk.img


プール定義を削除します。


コマンド例

$ sudo virsh pool-destroy kvm_centos7_pool

Pool kvm_centos7_pool destroyed
$ sudo virsh pool-delete kvm_centos7_pool
Pool kvm_centos7_pool deleted


削除されたことの確認


コマンド例

$ sudo virsh vol-list default