Edited at

よく忘れる特殊なCHOPたち


はじめに

TouchDesignerを使い始めてはや2年。

まだまだ勉強中ですが、CHOPの値の使い方について未だに「あれ、この時どのCHOP使えばいいんだっけ・・・」ということがあります。

なので要素を変換する系の特殊なCHOPの逆引きシートを作りました。

が、それを見る前にCHOPの基本的な名称を覚えておきましょう。


Value

単一の値です。CHOPで扱う値の最小単位です。日本語訳すると『値』ですね。


Sample

Valueが連なったものです。

と書きましたが恐らく逆で、Sampleの標本数が1つしかないものがValue、というのがTouchDesigner上の概念のようです。

なのでぱっと見『配列』(Array)のように見えますが、日本語訳としては『標本』が妥当かと思います。


Channel

ValueあるいはChannelのラベルです。

日本語訳は・・・難しいですね。まぁそのまま『チャンネル』と思ってもらえれば良いかと思います。


で、逆引きシート


ValueをストックしてSampleを作りたい

Trail CHOPを使います。


Sampleの並び順を逆転させたい

Stretch CHOPReverse IntervalOnにします。


Sampleを分解し、複数ChannelのValueにしたい

Shuffle CHOPMethodSplit All Samplesにします。


ChannelとSampleをスワップしたい(交換したい)

Shuffle CHOPMethodSwap Channels and Samplesにします。

『要素数5のSampleが3Channel』の場合、『要素数3のSampleが5Channel』になります。


Sampleの最後尾に別のSampleを合体させて、長いSampleを作りたい

Shuffle CHOPMethodSequence All Channelsにします。


2つのSampleを混ぜて、長いSampleを作りたい

Shuffle CHOPMethodSequence All Samplesにします。


Sampleの間に別のSampleを挿入したい

Splice CHOPを使います。


1ChannelのValueを、複数のチャンネルに振り分けたい

Fan CHOPOperationFan Outにします。


複数ChannelのValueのうち、アクティブなChannelだけ知りたい

Fan CHOPOperationFan Inにします。

1つめのChannelに1が入っていると0、2つめのChannelに1が入っていると1、3つめのChannelに1が入っていると2を返します。