Ruby
JavaScript
Rails
Web
個人開発

Railsとスクレイピングでランキングサイトを作ってみた話

こんにちは。今回は「ゲーム実況者ランキング」というサイトを開設したのでその経緯などをお話したいと思います。

開設後ぼちぼちではありますが収益も発生していますので、何か個人開発を始めてみようと思っているエンジニアの方はぜひ参考にして頂ければ幸いです。

Screen Shot 2019-03-11 at 2.50.55.png

ゲーム実況者ランキング


ただブログを書くだけではエンジニアの強みが活かせていないと感じた

僕はもともと勉強したことをブログに書いて情報発信をしたりしていました。

情報発信することで勉強にもなるし、収益も発生したりしていたのでそういう面では良かったのですが、問題がありました。

それは、ブログは誰でも出来ることであるが故に、競争がとても激しいということです。

参入障壁がとても低いがために、大量のブロガーがいるのです。

せっかく自分はエンジニアなのだから、エンジニアだからこそ出来ることをして、価値を生み出したいと思うようになりました。


じゃあどうする?→「スクレイピングが良さそうだ」

ブログを書いていたということもあり、情報発信系の何かを出来ないか?と考えていました。

そこで目を付けたのがスクレイピングです。

「スクレイピングで得た情報をまとめたサイト」というものは一般のブロガーは作ることは出来ません。

データを集めて、客観的に眺めることができるサイトを作れる人というのはサイト運営者全体で見れば少数です。



また、他にも気をつけたことがあります。それは、エンジニアは技術にこだわった自己満なプロダクトを作ってしまいがちだということです。

本人はそのプロダクトに価値を感じるが、ほとんどの人にとっては興味がないプロダクトです。

僕は「価値の創造」を意識して、スクレイピングを活用して今までは存在していなかった、多くの人が認める価値を生み出せないか?を考えました。


収益面など総合的に考えてランキングサイトに決定

スクレイピングをすることで最も簡単に作ることが出来るのがランキングサイトです。

僕は、YouTuberのランキングサイトはあるものの、YouTube上のゲーム実況者やゲームについてのランキングサイトがないことに注目しました。

他にも色々案はあったのですが、ゲームが好きな人の数が多いことと、将来的にゲームの広告を載せられることを考え、総合的にこの案が一番だと結論付けました。


スクレイピング、サイト作成、デプロイ

簡単にですがサイトを作成のために踏んだ手順を紹介します。

まずは、スクレイピングやYouTubeのAPIでデータを集めることに集中しました。

そして、各ゲーム実況者の登録者ランキング、各実況者が実況しているゲームランキング、ならびに各ゲームがどの実況者に最も実況されているかといったデータを取得しました。

次に、Ruby on RailsとVueでささっとサイトを作成して、Herokuでデプロイをしました。

そして出来たサイトがこちらです。ゲーム実況者ランキング

すでに述べていますが、デプロイ後すでに収益も発生しているのでサイトの方針があながち間違っていなかったのかなと思います。


最後に

スクレイピング最高!ぜひあなたもスクレイピングをして、興味深いデータを集めてみてはいかがでしょうか。きっと何かに活用できるはずです。

ゲーム実況者ランキング


はてなブックマーク・Pocketはこちらから

はてなブックマークに追加

Pocketに追加