Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
9
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Tomonobu3110

SPRESENSEで高精度GPSロガーをつくる

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

みちびきのサブメータ級測位補強サービス(L1S)に対応した製品を眺めていたら
ソニーのSPRESENSEがあるではないですか。

これでGPSロガーを作れば高精度測位の 実力とやらを見せてもらおうか 実験ができる!
というわけで買ってしまいました

さて、GPSロガーに仕立てていきます

結果だけ知りたい、という人は結果へどうぞ

開発環境の構築 ~ Lチカ

公式のスタートガイドに従えば、ハマリどころはないのですが
手順を簡単に書いておきます。

環境

  • PC w/ Windows7 Pro SP1 (公式には8.1 or 10とありますが、7でもいけました)
  • SPRESENSE本体 (拡張ボードなし)
  • USB-microケーブル

ダウンロードしたもの

手順

  1. Arduino IDEをインストール → インストーラーを起動しインストールするだけ
  2. CP210xをインストール → これも...
  3. Spresense Arduino board package のインストール → Arduino IDEでの操作だけ
  4. SPRESENSEをPCに接続 → USBケーブルでつなげるだけ
  5. ブートローダのインストール → Arduino IDEでの操作だけ
  6. サンプルスケッチでLチカ → コードをコピペしてボタン押すだけ

あれっ、ボードコンピューターってこんなに簡単に動かせるんだ!
と思うくらい簡単です。いい世の中になりました。

GPSロガーに仕立てる

開発環境には豊富にサンプルがついています。
Arduino IDEで ファイル > スケッチ例 と開くとサンプルが見られます。
GNSSがGPSを使ったサンプル群です。
で、gnss_tracker が非常によくできておりまして、
これをベースに以下の点を変更してロガーとして仕立てました。

  1. 利用する衛星に GPS + L1C/A(みちびき) + L1S(みちびき 測位補強) を指定
  2. ログデータの書き込み先を SDカード から 内蔵Flash に変更 (拡張ボード未購入のため...)
  3. カスタマイズ性はいらないので、config file周りのコードをがっさり削除
  4. LEDの利用方法の変更 (L1S信号受信状況を表示)

コードはGitHubに置きました
こちらからどうぞ。

(追記) Qiita記事らしくコードを引用してポイント解説

インスタンス生成

SpGnss Gnss;                            /**< SpGnss object */

GPS受信の準備

  if (Gnss.begin(Serial) != 0)
  {
    /* Error case. */
    APP_PRINT_E("Gnss begin error!!\n");
    error_flag = 1;
  }
  else
  {
    APP_PRINT_I("Gnss begin OK.\n");

    // GPS + QZSS(L1C/A) + QZAA(L1S)
    Gnss.select(GPS);
    Gnss.select(QZ_L1CA);
    Gnss.select(QZ_L1S);
    Gnss.setInterval(POSITIONING_INTERVAL);

    if (Gnss.start(HOT_START) != OK)
    {
      /* Error case. */
      APP_PRINT_E("Gnss start error!!\n");
      error_flag = 1;
    }
  }

Gnss.begin()で初期化、Gnss.select()で衛星を指定、Gnss.setInterval()で受信間隔を指定、Gnss.start()で受信開始

位置データの受信

void loop() {
  // static
  static bool PosFixflag = false;
  static char *pNmeaBuff = NULL;
  static int WriteCounter = NUMBER_OF_CACHE;

  /* Check update. */
  if (Gnss.waitUpdate(POSITIONING_INTERVAL * 1000))
  {
    /* Get NavData. */
    SpNavData NavData;
    Gnss.getNavData(&NavData);

    /* Position Fixed?? */
    bool LedSet = ((NavData.posDataExist) && (NavData.posFixMode != 0));
    if (PosFixflag != LedSet)
    {
      Led_isPosfix(LedSet);
      PosFixflag = LedSet;
    }
    if (PosFixflag) {
        //unsigned short sat = NavData.posSatelliteType;
        unsigned short sat = NavData.satelliteType;
        // GPS, QZ_L1CA --> LED1
        if (0 != (sat & (GPS | QZ_L1CA))) {
          ledOn(PIN_LED1);
        } else {
          ledOff(PIN_LED1);  
        }
        // QZ_L1S --> LED2
        if (0 != (sat & QZ_L1S)) {
          ledOn(PIN_LED2);
        } else {
          ledOff(PIN_LED2);  
        }
    }

Gnss.waitUpdate()で位置情報の取得をまち、1が戻れば位置情報が取れています。
Gnss.getNavData()で様々な情報が詰まったSpNavDataが取り出せます。
例えばSpNavData::satelliteTypeには捕捉している衛星の種類が入っています。

NMEAデータに変換

    /* Convert Nav-Data to Nmea-String. */
    String NmeaString = getNmeaGga(&NavData);

もとのサンプル(gnss_tracker)のコードをそのまま使わせてもらっています。
あとはこれをファイルに書けばOKです。
Flashなのであまり高頻度に書き込みしないように気を付けましょう。
このコードでは受信データ12回分をバッファして、書き込み頻度を1回/分にしています。

Flash上のファイルの取り出し方

GPSログをFlashから読みだす必要があります。
そのために、YModem転送機能をそなえた簡易ファイラーを作りました。
コードは以下から取得できます。

ターミナルソフトはArduino IDEのものではなくTera Termを利用してください。
Y + 番号でダウンロードしたいファイルを指定した後、
Tera Termのメニューから ファイル > 転送 > Y-Modem > 受信
を選択します。
あらかじめ「ディレクトリを変更」でダウンロード先を指定するとよいと思います。

ログはNMEAフォーマットです。
あとは煮るなり焼くなりお好きに...

結果

自転車で120kmほど走ってログを取得しました。

Google Map
https://drive.google.com/open?id=15Q-2rhg1ZXhqd4IbaEpAJG99x_awx3eZ&usp=sharing

ログを取った日は、スタート直後からL1S信号を安定して受信できていました。
往路の環7、江戸川、手賀沼、復路の江戸川、荒川では
ほぼ100%の時間L1S信号を捕捉していたようです。

ログの精度は素晴らしく、
特に三郷駅付近、みさとの風ひろばでの休憩中のログの
ブレの少なさには驚きました。

ビルの多い街中ではL1S信号をなかなかつかめないこともありますが、
ひらけた場所を走ることが多い自転車用のロガーとしては
かなり優秀なんじゃないでしょうか。
ケースとバッテリーを工夫してロングライドのお供にしようと思います。

おまけ

ステム部分にモバイルバッテリーとSPRESENSEをつけています
IMG_20200109.jpg

9
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
9
Help us understand the problem. What is going on with this article?