Help us understand the problem. What is going on with this article?

brew upgrade ruby-buildしてもrbenvで欲しいバージョンが出ない時対策。あと構築時のメモ

More than 1 year has passed since last update.

結論

これでいけました。

$ cd ~/.rbenv
$ git pull

公式のReadmeにも書いてました。
https://github.com/rbenv/rbenv

いろんな記事に下記コマンドでいけるって書いてたけど
私の環境では欲しいバージョンが表示されませんでした。

$ brew upgrade ruby-build

他のメモ

いつもDockerで環境構築することが多いので、
ローカルに直接構築する習慣がなく、
いざやろうとすると時間がかかってしまいました。。

なので、
他の注意点もメモに残しとこうと思います。

bundle installでこける

大体bundle installでコケたら

$ gem install [コケた原因のgem名] 

でそのgemが落とせるか試せって出たり、

fatal error: 'vm_core.h' file not found

それを叩いても上記みたいなのが出たりするんですが、

$ bundle update [コケた原因のgem名] 

上記コマンドで解決できることが多い。

理由は下記記事が詳しい。
https://qiita.com/lasershow/items/1a048d03ddaaba98171e

つまり、雑に言うとこんな感じです。

$ bundle install
# gemfile.lockを元にgemをインストールする

$ bundle update
# gemfileを元にgemをインストールする

なので、
とりあえずbundle installでコケてたらupdateも試してみましょう。

bundleコマンドやrailsコマンドがrubyのバージョン違いで実行できない

rbenvで使いたいrubyのバージョンを指定したあと、
適宜下記コマンドを使う

$ gem install bundle
$ gem install rails
#rbenvで初めて使うrubyのバージョンへ変更した場合、毎回必要

参考
https://qiita.com/4geru/items/1354bb1d5b2df715a5e2

rbenv参考記事

・公式
https://github.com/rbenv/rbenv

・qiita
https://qiita.com/_am_/items/c1dbeb11f40bbbac8fd9

終わり

rbenv久々に使ったけど、普通に便利ですね!
バージョンすぐ切り替えれるし、特定のディレクトリだけにすることもできるし!

rubyはローカルでやって、
mysqlとかDB関連だけdockerでやるってのもありかもしれません。

何か間違ってることや、
もっといい方法があればご指摘いただけると嬉しいです。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away