Posted at

Localで公開サイトのデータを自宅に再現する

LocalbyFlyWheelという、WordPressをローカル環境に構築できるソフトがあります。

このLocalbyFlyWheelを使って、外部サイトに公開されているWordPressと同じ環境を構築する方法。

なお、今回の外部サイトには、BackWPupというプラグインを予め導入しておき、バックアップをつくっておくものとします。


手順


  1. LocalbyFlyWheelで空っぽのWordPress環境を作成する(ユーザー名は適当で良いです)

  2. 外部公開サイトより、バックアップファイル(zip)をダウンロードし、展開する。

  3. Localで作成された環境フォルダ(%USERPROFILE%\Local Sites\[[SiteName]]\app\public\に、次のフォルダをコピーする)


    • wp-content\themes

    • wp-content\plugins

    • wp-content\uploads\[[yyyy]]

    • wp-content\uploads\download-manager-files

    • ※ ファイルを上書きするかどうか聞かれた場合、すべてスキップで良いはずです



  4. LocalのDatabaseタブより、Adminerを表示する

  5. インポートより、[[サイト名]]_wpress.sqlを実行する

  6. 左ペインのwp_optionsをクリック、データを表示し、siteurlhomeを、http://[[Site Domainに表示されているURL(xxx.local)]]に書き換える

以上で環境が構築できます。ユーザー名は手順1でつくったものではなく、「外部サイトに設定しているもの」に置き換わっていますので、ご注意ください。