Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
5
Help us understand the problem. What are the problem?

OKI AI エッジコンピューター「AE2100」でOpenVINOのサンプルプログラムを動かしてみよう Ubuntuコンテナ版 (1)


※この記事はAE2100のUbuntuコンテナ(ubuntu_openvino_2020R3.tar)を対象としています。

要約

  • この記事では、OKI AI エッジコンピューター「AE2100」の設定方法について説明します。
  • AE2100(Ubuntuコンテナ)上でGUIアプリケーションを動作させるために必要なVcXsrv(X-Windowクライアント)の導入方法について解説します。

はじめに

AE2100は2020年9月にファームウェアがバージョンアップされており、あわせて、OpenVINO2020.3LTSを搭載したUbuntuコンテナがリリースされています。

これまで投稿してきた「OKI AIエッジコンピューター「AE2100」でOpenVINOのサンプルを動かしてみよう(1))~(3)」は、OpenVINO 2019R3.1が搭載されたCentOSコンテナを対象としていましたので、これをUbuntuコンテナ向けに修正した記事を順次投稿していきます。

Ubuntu版での初回となるこの記事では、AE2100を接続したウインドウズPCにVcxSrvを導入し、GUIアプリケーションの動作を確認します。
なお「OKI AIエッジコンピューター「AE2100」でOpenVINOのサンプルを動かしてみよう(1))」からの主な変更箇所は、電卓アプリのインストールにあたりapt-getコマンドを使用してXアプリケーションをインストールしている点です。

環境

実行環境は、次の図のような構成を前提とします。
ウインドウズPCからAE2100へTeraTermによって接続、AE2100からインターネットへ接続が可能なことを確認してください。
なおAE2100のコンテナバージョンは「ubuntu_openvino_2020R3.tar」とします。
network-ae2100-internet.png

VcXsrv のインストール

VcXsrv はフリーの X Server クライアントであり、GUIアプリケーションの画面表示に用いられます。
ここではVcXsrvをウインドウズPCへインストールします。
WebブラウザよりSourceForge.netにアクセスし “VcXsrv” のインストーラーをダウンロードします。
https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/
vcxsrv-download.png

ダウンロードしたインストーラを実行すると次のような画面が出ます。
設定はそのままにし[Next]を押します。
vcxsrv-installation-options.png

インストール先のフォルダを確認・選択して「Install」をクリックします。
vcxsrv-installation-folder.png

インストールが完了したら「Close」をクリックします。
vcxsrv-complete.png

VcXsrvの起動

ウインドウズPCのスタートメニューからVcXsrv→Xlaunchを起動します。
start-menu-xlaunch.png

設定はそのままにし「次へ」をクリックします。(”Multiple Window”を選択)
display-settings.png

設定はそのままにし「次へ」をクリックします。(Start no clientを選択)
client-startup.png

「Disable access control」のチェックを入れて「次へ」をクリックします。
extra-settings.png

Save configrationで設定を保存し、[完了]を押します。
complete.png

以下の画像のような画面が出る場合、[アクセスを許可する]を押します。
firewall-pub.png

そして、タスクバー右下にXlaunchのアイコンが表示されれば成功です。
xlaunch-taskbar.png

AE2100のコンテナ設定

TeraTramでAE2100のホストOSにログインして、以下のコマンドでコンテナに入ります。
(コンテナが起動していない場合、「AE2100 シリーズ SDK 取扱説明書 ―DeepLearning 編―」(版数: 1.2) P.20を参考に起動させてください。)

root@ae2100:~# docker exec -it ubuntu-openvino /bin/bash

今回はXアプリケーションの電卓を動かします。
以下のコマンドでXアプリケーションをインストールします。

# apt-get install x11-apps

ウインドウ表示先であるウインドウズPCのIPアドレスを指定します。

# export DISPLAY=192.168.100.101:0.0

GUIアプリケーションの実行

AE2100のコンテナ内で以下のコマンドを入力します。

# xcalc &

 
ウインドウズPCのデスクトップに電卓アプリが表示されます。
calc-0.png

試しにボタンを押して計算をさせてみましょう。
例えば「8」「*」「8」と入力すると「64」と表示されます。
アプリケーションウインドウはPC上に表示されていますが、計算自体はAE2100でおこなわれています。
calc-64.png

もし電卓が表示されない場合は、ウインドウズの「ファイアウォールとネットワーク保護」
を確認してください。
ウインドウズの「ファイアウォールとネットワーク保護」画面を開き、
「ファイアウォールによるアプリケーションの許可」を選択します。
firewall.png

設定変更ボタンを押し、下画面のようにVcXsrv windows xserverにチェックを入れOKボタンを押します。
app-permission.png

まとめ

今回はAE2100に接続したPCのウインドウ表示設定をおこないました。
次回からはOpenVINOのサンプルプログラムを動かしていきます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
5
Help us understand the problem. What are the problem?