Help us understand the problem. What is going on with this article?

IBMの「Liberty」について整理する

IBMから提供されているJava EE対応のアプリケーションサーバー「WebSphere Application Server」には,2012年からLibertyという新しいランタイムが提供されています。このLibertyという言葉はいろいろな意味で使われることがあり,混乱しているケースが(IBM社員でも)しばしばみられますので,整理してみたいと思います。

ランタイム

  • Libertyプロファイル / WebSphere Liberty

前者はWAS V8.5の時の名称で,後者はV9.0での名称です。2012年に出荷されたV8.5から新しく追加されたランタイムです。クラウド自体に対応するために新たに開発されたランタイムで,完全モジュール化された軽量・高速なランタイムで,DevOpsやコンテナなどのモダンな環境にも適しています。

現在も活発に新機能の開発や新仕様への対応などが続けられています。

  • Fullプロファイル / WebSphere traditional

前者はWAS V8.5の時の名称で,後者はV9.0での名称です。tWASとよばれることもあります。

1998年の登場以来バージョンアップが続けられている,従来型のランタイムです。過去との互換性に優れており,古いJava EEの仕様や,従来提供されていたIBM独自APIなどもほとんどそのまま利用できます。管理概念やツールなどもWAS V5.0のころからのものをほとんどそのまま継承しています。

ただ,モノリシックな実装が限界に達しており,現在提供されているものが最終バージョンで,今後は新機能の実装などはおこなわれません。

ライセンス

IBMから購入するライセンスとしては,三種類のエディションがあります。

  • WebSphere Application Server Network Deployment(通称WAS ND)
  • WebSphere Application Server(通称WAS Base)
  • WebSphere Application Server Liberty Core(通称Liberty Core)

じつは,WAS BaseエディションやWAS NDエディションでも,WebSphere Libertyランタイムは使用できます。これらのエディションのライセンスは,購入いただいたCPU数の範囲で,WebSphere LibertyランタイムとWebSphere traditionalランタイムを自由に選択してご利用いただけます。

Liberty Coreエディションは,安価なWebSphere Libertyランタイム専用のライセンスです。このライセンスでは,WebSphere traditionalランタイムは使用できません。またWebSphere Libertyランタイムも,利用できるAPIがJava EEのサブセット,Web Profileに限定されています。

まとめ

表にまとめるとこのようになります。
WebSpherのエディションとランタイム

Libertyという名前が,Liberty Coreというエディション名とWebSphere Libertyというランタイム名で混同されて使われることがありますので気をつけましょう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした