Activator が EOL を迎えるので、Activator と SBT コマンドの対応表を作成します。

最近 PlayFrameworkを使用し始めました。
Playでは、Activatorでビルドや起動を行うって覚えましたが、

Activator が 2017/05/24 で EOL を迎えるらしいですね。
公式サイトのソース
今後は、新規テンプレートは、Giter8 を使用し、compileやrun は、素のsbtで行うという流れになるらしいです。
GW開けたら、EOL...
休みボケの状態で、焦らないように、今のうちにコマンドの対応表を作成しておきたいと思います。

まだまだ、Play初心者なので、間違っているところや足りないものがあれば、編集リクエストなどで教えていただけると助かります。

sbt公式サイト

コマンド対応表

注意)
activator と sbt の 接頭語 は 省いています。
使用する際は、表記されているコマンドの前に、activator もしくは、sbt を追記して使用してください。

Activator SBT 概要 備考
activator sbt コンソールの起動
help <command> help <command> ヘルプの表示
--- about 詳細情報を表示
run    run 開発モードでサーバを起動
clean clean 全ての生成されたファイルを削除
compile compile コンパイル
--- package jar の作成
--- reload ビルド定義の再読込み
console console 対話コンソールを起動
-jvm-debug --- デバッグモード sbtには、標準だと -jvm-debug は入っていない。
sbt-launcher-package を使うことで可能となる
test test 全てのテストをコンパイルし実行
"testOnly <テストクラス>" "testOnly <テストクラス>" 特定のテストクラスを実行 複数のテストクラスを実行するばあいは、スペースを開け、
"testOnly testA testB" と指定する
new <project name> new <giter8 template> テンプレートの新規プロジェクトを作成 sbt version 0.13.13 以上から使用可能。
Giter8 template
~ <sbt command> --- sbtの機能を利用