Help us understand the problem. What is going on with this article?

Centos7|amazonlinux2の時間がずれた

状況

きっかけとしてeb createコマンドがこけて気が付きました。

error.shell
$ eb create examplecojp-env --database --timeout 30
ERROR: NotAuthorizedError - Operation Denied. Signature expired: 20180729T223841Z is now earlier than 20180729T225031Z (20180729T225531Z - 5 min.)

調査

何やらntpというものがあり時間を調整してくれるシステムとのこと
で、Chronyというツールがcentos7の標準デーモンとなったとのことなので
こちらをインストールしてみる。

chronyインストール

install.shell
$ yum install -y chrony

設定

日本の標準時間を作っているNICTという機関があり
そちらに合わせる形でchronyを設定していく。
設定ファイルの場所はこちら
/etc/chrony.conf

/etc/chrony.conf
# Use public servers from the pool.ntp.org project.
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
server 0.centos.pool.ntp.org iburst
server 1.centos.pool.ntp.org iburst
server 2.centos.pool.ntp.org iburst
server 3.centos.pool.ntp.org iburst

# 追記するのは以下2行
server ntp.nict.jp iburst
stratumweight 0

chronyの自動起動設定

autostart.shell
$ systemctl start chronyd


起動、状態確認

up.shell
$ systemctl status chronyd

起動直後は同期されない

ので強制的に同期するようにします。

sync.shell
$ chronyc -a makestep
#ここで501エラーが出たらsudoを頭につけて実行してみる
$ sudo chronyc -a makestep
#200が帰って来れば成功

確認

dateコマンドで確認します。

date.shell
$ date

原因

つかみかねております。
windows10+virtualbox+vagrantな仮想環境で動かしているのですが
よくわかっておりません。
もし確認ポイントなどご存知でしたらコメントいただければ嬉しいです。

追記

amazonlinuxでも適用できたのでタイトルに追記しました。

SwuBHj8aKGqBKHet
webデザインやってきました。現在はwordpress、AWS周りを触ることが多いです。docker、python(Django)、react、vueなどをインプット中です。前向きな人たちと繋がり、共に成長したい。修正依頼歓迎&感謝します。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした