Java
勉強会
bot
CognitiveServices
モブプログラミング

JJUG CCC 2017 Fall モブプロ・アンカンファレンス 参加メモ

More than 1 year has passed since last update.


日本最大のJavaコミュニティ主催1DAYイベント

JJUG CCC 2017 Fall の参加メモです。

#JJUG_CCC

今回は、モブプロとアンカンファレンスという参加型のみだったので

どちらもマインドマップでメモ。


参加セッション


  1. モブプロで実施する Cognitive Service & Bot ハッカソン #1 #2

    #ccc_i1 #ccc_i2



  2. アンカンファレンス③

    #アンカンファレンス

    テーマ


    1. お仕事の働きがいについて

    2. 勉強会について

    3. ScalaMaturiへのお誘い




メモ


1.モブプロで実施する Cognitive Service & Bot ハッカソン #1 #2

マップにメモ。

Twitterのはめ込みURLがうまく表示れなくなるケースがあるので下に画像ものせました。

(見づらいので実際のマインドマップをちょくで見るのがよいです)

コグニティブサービスAPI&モブプロのマップ

マップ(mindmeister.com)で確認する場合

アカウント未作成の場合「MindMeister」でアカウント作成。

実際のマインドマップ:「コグニティブサービスAPI&モブプロのマップ


2.アンカンファレンス③

テーマ募集で「お仕事の働きがいについて」を応募して、採用されたので参加。

マップにメモ。

Twitterのはめ込みURLがうまく表示れなくなるケースがあるので下に画像ものせました。

(見づらいので実際のマインドマップをちょくで見るのがよいです)

アンカンファレンス③1.お仕事の働きがいについて

実際のマインドマップ:「アンカンファレンス③1.お仕事の働きがいについて


感想


1.全般

JavaEEのセッションが少なかった、Springのセッションが増えた。


2. モブプロで実施する Cognitive Service & Bot ハッカソン #1 #2


コグニティブサービスAPI

かなり魅力的、導入のしやすさもあって音声解析・翻訳試したい。

自分の動機が、英語が苦手っててところがちょっと残念だけど、各社切磋琢磨/利用者も貢献して、翻訳こんにゃく目指して精度もっとあげたい。


モブプログラミング

ペアプロですら未経験だったので、疲れたけど楽しかった。

喋りたい欲。指摘したい欲。なんか言いたい欲。チームに貢献したい欲。

みんなでやったー出来たーって言いたい欲。

いろいろ満たされました。


その他

JavaDayTokyo2017のときも感じたけどハンズオンは集客が弱いのかな。

2013年(4年前)のJJUGCCCで、寺田さんのGlassFish4+JavaEE7の

ハンズオンに参加したときはほぼ満杯だったな。

あのころのJavaEEの勢いがほしいところ。


3.アンカンファレンス③お仕事の働きがいについて

今の会社では働き方改革が一段落ついてきて(方向性が見えた感じ)
次は働きがい改革が必要になってくるとおもって応募。

重たいテーマかなーと思いつつ、勉強会とつながっていい感じで進すすみました。

勉強会にはロールモデルになる人いっぱいいていい!

社内メンバーへの勉強会への参加呼びかけ方法に再考が必要になった。

働き方改革すら、ままならないケースは世の中にはまだまだある。