Help us understand the problem. What is going on with this article?

Markdown記法でノートを取る際のチートシート

More than 1 year has passed since last update.

以下のものをVScodeにコピー
.mdファイルとして保存
拡張機能「Markdown All in One」と「Markdown Preview Enhanced」をいれることで使えます。
数式の箇所は全然解読してないので、これから細かな使い方を学んだら追記します。

では、どうぞ

# Markdownの基本的な機能
基本的に改行する際は、列の最後に半角スペース2つ入れる必要があるが、後述する拡張を入れることで
改行がそのまま認識されるようになる。

また、htmlコードは自由に入れることが可能であるが、個人的にはあんま入れたくないかなーといった感じがする。入れ始めたら、`<br>`とか乱用しそうだから...

それでは、いってみよー

# 見出し系

# 見出し1
## 見出し2
### 見出し3
###### 見出し6

# 強調表示

*Italic*  
**イタリック**  

# 取り消し

~~取り消し線~~  

# リスト表示

* Item1
  * Item2
    * Item3

- 項目  
このように、リストアイテムの下の文章は  
インデントが自動で付く

1. アイテム
1. 数字は1のままでも、自動でナンバリングされる

# 引用文

>引用文はこんな感じ  
>やはり改行は、半角スペース2ついれないとされない。
>>頑張っても、vscodeでは上に余白を入れられない。。

# コードを書く時は

`インラインコード`

複数行にわたる場合は

`これを3つ打ったもの`で挟む。
ここでやっちゃうと、Qittaの都合上問題あるので、
個人で試してみてね

# 表形式の表示

| Left align | Right align | Center align |
|:-----------|------------:|:------------:|
| This       |        This |     This     |
| column     |      column |    column    |
| will       |        will |     will     |
| be         |          be |      be      |
| left       |       right |    center    |
| aligned    |     aligned |   aligned    |



| これが | グラフ | ちょっと書くのダルい? |
|:-----:|--------|----------------------|
|そんな|感じの|印象です。|
|横幅ずーーーーーーっと広げてくと、勝手に広がります。| なるほど| なぁ

# 線を引く

---
こんな感じに
***
`<hr>`的なのが引ける。記号の間にスペースがあっても問題ない
* * *

# URL

[Qiita](http://qiita.com/)  
[Google](https://www.google.co.jp/)  
<http://qiita.com>

# 注釈

今日はいい天気[^1]  
注釈はなぜか一番下に表示される[^test]  
VScodeでは使えないようだ。。

# 数式

数式は、拡張機能「Markdown Preview Enhanced」を入れることで書くことが可能になる。
数がありすぎるので、ここでは代表的なものだけ。
ちなみにすべて[こちら](http://www.eng.niigata-u.ac.jp/~nomoto/download/mathjax.pdf)を参考にした。
まだまだあるのも、[こちら](http://www.eng.niigata-u.ac.jp/~nomoto/download/mathjax.pdf)を参考にされたし。

***
## 一次方程式

一次方程式 \(ax+b=0\) の解は
\[
x = -\frac{b}{a}
\]
です。

***
## 二次方程式

二次方程式 \(ax^{2}+bx+c=0\) の解は
\[
x = \frac{-b\pm\sqrt{b^{2}-4ac}}{2a} 
\]
です。

***
## シグマ
\[
\sum_{k=1}^{n} a_{k} = a_{1} + a_{2} + \dots + a_{n}
\]

***
## ガウス積分
\[
\int_{-\infty}^{\infty} e^{-x^{2}} \, dx = \sqrt{\pi}
\]

*** 
## 関数 f(x) の導関数

関数 \(f(x)\) の導関数は
\[
f(x) = \lim_{\Delta x \to 0} \frac{ f(x+\Delta x) - f(x) }{\Delta x}
\]
である。

***
## サイン、コサイン、タンジェント

\[
\int \tan\theta \, d\theta = \int \frac{\sin\theta}{\cos\theta} \, d\theta
= -\log |\cos\theta| + C
\]

***
## 行列

\(n \times n\) 行列
\[
A =
\begin{pmatrix}
a_{11} & a_{12} & \ldots & a_{1n} \\
a_{21} & a_{22} & \ldots & a_{2n} \\
\vdots & \vdots & \ddots & \vdots \\
a_{n1} & a_{n2} & \ldots & a_{nn}
\end{pmatrix}
\]
が逆行列 \(A^{-1}\) をもつための必要十分条件は、\(\det A \neq 0\) である。


####「Markdown All in One」と「Markdown Preview Enhanced」は入れるべし
入れることで得られるメリット
* 数式が使える
* キーボードショートカットが使える
* リスト表示が、Enterキーを打つだけで自動で続く
* 改行に、スペース2つを入れる必要がない
* PDFやHTMLでの出力が容易
* CSSで、規定の文字サイズ等を変更することもできる
* 整形も容易
* グラフとかもかけるらしい<http://yohshiy.blog.fc2.com/blog-category-22.html>けどよくわかってない

キーボードショートカット
| ショートカットキー        | 対応する表示形式       |
| :--------------: | :------------------: |
| Crtl - b         | 強調表示( `** **`) |
| Crtl - i         | italic表示( `* *`) |
| Ctrl - shift - ] | 見出しを増やす(`#`)    |
| Ctrl - shift - [ | 見出しを減らす(`#`)    |

ちなみにPreviewはこんな感じ
FireShot Capture 012 -.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away