Posted at

AndroidでTermuxを使いroot化なしでLinux環境を作る!

「Androidからも、Gitをいじりたい!」

「X11環境を作って使い慣れたテキストエディタを使いたい!」

それを実現させるものがあります。

それがTermux

デベロッパの間では人気を誇る、root化要らずのエミュレーターです。


Termuxの入手

TermuxはGoogle Playストアから入手できます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.termux

インストールできると、一見普通の端末が開きます。


Termuxの特徴

「なんだ、よくある端末エミュレーターじゃん」と思った方は必見です。

TermuxはLinuxのパッケージをインストール、利用することができます。

ここが一つの魅力です。

パッケージ管理システムはDebian系でおなじみのAPTです。

※別途ArchLinuxのpacmanに切替可能です


X11環境を作る

Termuxでできることはたくさんあります。今回はその一つを紹介します。

それは、VNCサーバーを動かせるということです。

今まで、X11を利用するにはAndroidでも動くようにしたMODが必要でしたが、不要です。

$ pkg install x11-repo tigervnc pypanel xorg-xsetroot nano man xterm

Termux上でpkgコマンドを実行してパッケージをインストールします。

※pkgコマンドはaptコマンドのラッパーコマンドです。

インストールできたら

$ vncserver

で、セットアップします。

You will require a password to access your desktops.

Password:
Verify:
Would you like to enter a view-only password (y/n)? n

パスワードを設定するよう求められますので、2回パスワードを入力します。

最後に聞かれる質問に対しては「n」と答えます。

次にデスクトップ環境を設定します。

$ nano ~/.vnc/xstartup

nanoでVNCの環境設定ファイルを開きます。

ファイルの末尾に


~/.vnc/xstartup

openbox-session &

pypanel &

Ctrl+Oで保存し、Ctrl+Xで終了します。

これでセットアップできました。

VNCを起動します。

$ vncserver :1 -geometry 1280x800 -depth 24

New 'localhost:1 ()' desktop is localhost:1

Creating default startup script /data/data/com.termux/files/home/.vnc/xstartup
Creating default config /data/data/com.termux/files/home/.vnc/config
Starting applications specified in /data/data/com.termux/files/home/.vnc/xstartup
Log file is /data/data/com.termux/files/home/.vnc/localhost:1.log
$

これでVNCサーバーが起動しました。

次にクライアントアプリで接続します。

アプリは、RealVNCでもなんでも構いません。

Name
Value

接続先アドレス
localhost:5901

パスワード
先程設定したパスワード

これをもとに接続します。

パスワードは接続時に求められる場合もあります。

うまく設定できているなら、接続できるはずです!

他に、Wireshark(パッケージ名: wireshark、コマンド名: wireshark-gtk)、Geany(パッケージ名/コマンド名:geany)をインストールすることもできます。

その他情報は、Termux公式Wiki(英語)で入手できます。